本日の相場もお疲れ様でした。

 

パウエル氏の利下げを前向きに考えてるという内容の発言を好感したアメリカ・ダウの大幅な上昇に影響を受けて、終始堅調となりました。

ただ、寄り付きから高い銘柄が多かったため、個別のチャートとしては陰線になったものも多く、上値の重たさが感じられる相場となりました。

 

個別として、直近のIPOは別にして、最近上場した銘柄の一角やバイオ銘柄が強く、弊社での推奨銘柄であるヘリオス(4593)も上昇。

1600円台で推奨している銘柄であり、ここから2000円方向へ伸びるかどうか、注目の銘柄となります。

 

ちなみに、アメリカが利下げの方向となるのならば、ドルは安くなりやすい環境にあります。

現在ドル円は108.2円前後。

日本としてはダウ次第ではあるものの、ダウが上昇しても利下げにより円高になれば日経平均は上げず、しかしダウの下げの動きの影響はしっかりと残る、というキツイ相場となりかねない。

 

チャート的には一旦底をつけたようにも見えますが、高値からトレンドラインを引くと日経平均もダウも上値で抑えられる可能性は残っており、貿易問題は特に何も解決してはいませんので、引き続き要注意が必要な相場展開ではありましょう。

今の段階で買いを沢山増やすのは得策ではなく、慎重に進めていったほうがよさそうです。

 

その当たりの戦略、また下げのときの戦略については、弊社サイトであるフィデリア株式投資顧問

の会員様向けに、しっかりご案内していきたいと思います。

 

日本通信(9424)については高値170円越えもありましたがその後は調整となった。

とはいえ、大相場となりそうなチャートであり、もう一つ調整してからのもう一発に期待したいと思います。

最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

@marketのコラム/アライアンス・パートナー