メジャーSQ週 魔の水曜日に要注意と、今週は紹介しておりますが、下落してきた。

 

SQとはSpecial Quotationの略。

特別清算指数と呼ばれる、先物やオプションの清算に使われる値のことですが、

荒れやすいと言われるのは、先回り取引によるもの。

 

日経平均は算出方法が偏っています。

 

株価が高い銘柄(ファーストリテイリング(9983)、ソフトバンクグループ(9984)、ファナック(6954)など)の上位3銘柄だけで、株価はの構成比が2割ほどある。

株式が上下に動くことで、SQ値にも影響がでてきます。

 

裁定取引(アービトラージ 理論上、割安のものを買い、割高のものを売る方法で価格差を得る)を機関は利用しますが、先物はSQで精算されることもあり、その前に裁定取引の解消をしたり、色々な思惑があってSQ週というのは動きやすい。

投資心理から、水曜、木曜あたりに動きが出やすいから、魔の水曜日などと呼ばれ荒れるということになります。

 

余談になりましたが、フィデリア株式投資顧問では現在売り銘柄なども出しておりますが、今週は要注意集として指摘していました。

とくに

【相場観】日経平均チャートとしては、宵の明星的チャート

こちらの記事であげているように、下落方向になりつつあります。

今日明日は要注意場面となるでしょう。

 

株をいっぱい持っているならば一旦キャッシュポジションを増やす

リスクヘッジのために売り銘柄を使う

 

などの対策をしておくと、安心感がでてきます。

下げるときの対策の1つはキャッシュ

2つ目は売りです。

 

上昇相場でない場合、株は買いだけでは勝つのが難しい。

売りも磨いていくと、勝っている投資家はさらに勝てる投資家になっていきますし、下げ相場で成績が振るわない場合は新たなポイントになるかもしれません。

 

信用取引は怖いと言われたりしますが、計画通りに使えば、売りや先物は怖くありませんので、参考にしてみて頂ければと思います。

最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

@marketのコラム/アライアンス・パートナー