当ブログではオートウェーブ(2666)を紹介

昨日、当ブログではオートウェーブ(2666)を紹介しました。

木曜日、金曜日がキナ臭い動きとなっていたため紹介したのですが、本日GUで始まり150円を超える展開に。

今後もドラレコ関連は注目集まりそうです。

 

高齢者事故からの、ドラレコ関連銘柄が注目を浴びている。

 

まだまだ普及率が低く、今後の市場拡大の伸びしろに期待感あり。

今後、普及が加速するとの見方も。

 

そもそもドラレコは、自動車の映像や音声を記録する装置。

基本的には大きな衝撃が加わった前後の各種情報を記録する仕組みとなっている。

 

昨年のソニー損保による「2018年 全国カーライフ実態調査」によると、自分の自動車に「ドライブレコーダー」を装備している人は31.7%。

ドラレコの普及はこれからという印象を受けます。

 

そんなドラレコ関連銘柄を5つ紹介してみたいと思います。

 

ドラレコ関連注目5選

オートウェーブ(2666)

千葉を中心にカー用品店を運営。

ニッチ銘柄だけに、動くときのスピードは他の銘柄よりも早い動きを見せる事が多い。

今回も、数日で100円強から150円まで駆け上った。

 

エレコム(6750)

フルHDに対応したドラレコを販売している。

前方だけでなく、横からの映像も記録できる、超広角製品を発売しており、機能性に長ける模様。

 

オートバックス(9832)

いわずとしれたカー用品店。

ドラレコだけでなくカー用品はほぼ全て揃うと言っても過言ではない。

今回のドラレコだけでもいい形でチャートを作り上げており、一番安定的に狙えそうな銘柄。

 

JVCケンウッド(6632)

カーナビとの連動性、ドラレコに適したmicroSDHCメモリーカードをあわせて投入しているところは、ケンウッドならでは。

 

OKI(6703)

変わり種ではあるが、ドラレコ向け組み込み制御システムを手掛ける。

本日若干反応しているのは、ドラレコ関連と見られているからの可能性も。

 

他、多数の銘柄がありますので、探してみると面白いでしょう。

 

やはり株式市場で動きやすいのは、あまり業績が良くない企業。

パイオニア(6773)がまだ株式市場に存在していれば、狙っていたかもしれませんね。

最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

@marketのコラム/アライアンス・パートナー