人気ブログランキング

再度この銘柄に注目。

こういう膠着相場はセクターとしては何に目が向くか?です。答えは・・・?

こちらからご確認ください。

 

———————————————————————————————

 

無料メールマガジンより相場観を抜粋。

無料メールマガジンの登録はこちらから

 

おはようございます。

 

昨日、日銀政策会合において大方の予想を覆してサプライズがありました。

いわゆる緩和策であるマネタリーベースに関する、異次元量的緩和については現状維持ではありましたが、
白川総裁時代から行っている、
「貸出増加を支援するための資金供給」
「成長基盤強化を支援するための資金供給」
こちらの政策の規模を2倍としたうえで、1年間延長するとのこと。(最大3→4年へ)

 

規模も強く、期間も延長。
そして、日銀総裁の話。

 

今までは、「予定どおりだ、今後も注視していく」という発言に終始していたのですが、
発言に変化が見られ、
「概ね予定通りであるが、
下振れリスクが顕在化すれば躊躇なく追加緩和に踏み切る」との発言に変化。

 

今回の措置は、異次元緩和により資金自体は十分供給されているため、
以前の政策のあくまで拡充であり、
どちらかというとアナウンスといった意味で大きい意味を持つのだとみられます。

 

下振れリスクが顕在化すれば躊躇なく追加緩和に踏み切る の発言は大きい。

 

つまり、黒田日銀総裁の伝家の宝刀である、異次元緩和策(円安株高の宝刀)を、
いつでも行える、あるいは近い内に行う、いつやるか、というところまで
市場のマインドを高揚させたというところに意味があると考えます。

 

実は、2013年10~12月期の実質GDPが
前期比年率換算で1.0%。
予想は2.6%でしたから、実は予測からすると非常に悪いGDPの数値が出ています。

 

これに対する対策という意味もあったのだと思いますが、
消費税増税などでGDP、インフレ率に陰りが見えたとしても、
伝家の宝刀を抜く、ということで投資マインドの火は落とさない。

 

こういったところが見え隠れします。

 

ここからは、下げても押し目と考えられる、
要は、伝家の宝刀待ち相場を形成する可能性があるので、
押し目は買い、と現在考えております。

 

ただし、押し目は買いであって、むしろ今の水準 14700円~15000円のあたりを

一気に抜けていく力はまだ、足りないと考えています。

むしろ昨日強すぎたため、本日は少し押す場面がありそうです。

 

本日も宜しくお願い致します。

 

最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

@marketのコラム/アライアンス・パートナー