【IPO】ネット系企業で初値はどうなる!? 6/25上場のIPO インフォネット(4444)投資妙味はあるか?

6/25上場のIPO インフォネット(4444)を紹介します。

事業内容は、WEBサイトの構築およびそのコンテンツを構築・管理・更新できるシステム(CMS:コンテンツ管理システム)、その他システムアプリケーションの開発・販売およびクラウドホスティングサービス、ASPサービスの提供業務となっています。

総合的に見て、初値は上がりやすいタイプの銘柄ですが、初値をつけたあとは頭が抑えられる可能性も高い銘柄です。

銘柄情報

◆会社名、証券コード:インフォネット(4444)
◆事業内容:WEBサイトの構築およびそのコンテンツを構築・管理・更新できるシステム(CMS:コンテンツ管理システム)、その他システムアプリケーションの開発・販売およびクラウドホスティングサービス、ASPサービスの提供

◆関連・比較・類似銘柄とPER:

ネットイヤー(3622) 78.1倍
アライドアーキテクツ(6081) 44.6倍

などが上がるが、他多数。

◆公開価格 1490円 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 あり 
◆ロックアップ 主な株主に180日 だが、保有2位の(株)アライアンスパートナー と6位のSEホールディングス&インキュベーションズ(株)に1.5倍の価格条項がついている。初値が1.5倍以下ということはなさそうなので、売りは増えそうである。
◆上場市場:東証マザーズ

◆主幹事:SBI証券

時価総額  28億7197万吸上資金  8億5675万
EPS   72.11
PER   20.6倍

◆初値予想 3500円~5000円
◆ブックビルディング妙味:A+ 
◆初値投資:B- 初値が思わぬ安値の場合に 空中戦になる可能性もあるが乱高下激しくなる予想。VCの存在から、21日上場のブランディングテクノロジーのような展開になる可能性も。

業績

単位は千円

決算期    売上高  経常利益  当期利益  純資産
2016年3月  762,853  92,261   62,469   92,536
2017年3月  709,636  145,633   43,146   142,095
2018年03月  752,191   163,049   110,618   302,714

売上、利益、ともに好調ではあるが、上場会社としては小型である。

スケジュール

抽選申込期間 6月7日(金)~6月13日(木)
当選発表日 6月14日(金)
購入申込期間 6月18日(火)~6月21日(金)
上場日 6月25日(火)

所見

業種はIT、AI関連だが、どちらかというとホームページの開発が中心で、売上の6割程度を占める。

残り4割は運用や維持・管理・保守サービスとなる。

開発、運用、サーバーまでワンストップで提供できることが強み。インフラ提供も出来る技術者がいる。だが、AI関連を中心にしているわけではなく、現状では大きな妙味があるものではない。今後の展開に期待はある。

最近ではAI(人工知能)チャットボット(自動応答システム)の「Q&Ai」を開発した。

 

規模、マザーズ、品薄、等からして、銘柄の名前からして、初値は上がりそうな案件。

ブックビルディングとしては非常に良い。しかし当たる可能性は低い。

 

初値は非常に高くなることが予想され、人気が出れば4000円overもありえる。

リスクの高い空中戦的な相場になることが予想されます。

また、VCの存在から、ハイリスクハイリターンといえるでしょう。空中戦が得意な方のみの参加で。

まとめ

初値投資は、基本、リスクが高すぎるため、ギャンブル投資になります。

ブックビルディングは申し込んで万が一当たれば儲けものです。まず公開価格割れはなさそう。

 

ブックビルディング妙味はA+。

初値投資:B- 乱高下、空中戦。リスク高い

としたいと思います。

 

人気ブログランキングへ参加しています。クリック応援よろしくお願い致します!


株式ランキング

最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

@marketのコラム/アライアンス・パートナー