最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

金曜日の夜間を踏まえた上で、相場観です。

米朝首脳会談は決裂したが、材料を通過した安心感から日本株も買われた。

米中交渉合意へ期待でNYダウ株高へ。

ダウ平均は110ドル高の26026ドル。
ナスダックは62ポイント高の7595ドルとなった。

理由としては、
トランプ政権が米中交渉の期限を正式に延長したことが好感された。
米中交渉の合意を楽観視する見方が強まっている。

米朝首脳会談は決裂したが、材料通過から日本株も上昇。
夜間にダウが強かったため、日経平均先物も21740円まで上昇しており。強さを示している。

チャート的には、上値トレンドラインを引くとダウも日経平均も売りたくなる水準の高値圏であるが、今年はトランプ氏の株高方針で(それにより米中問題は進展しやすく、背景には景気の回復減速があるものの、FRBも利上げをしにくい。)

現状、アメリカのトランプ氏の動向を考えると、売りづらい状況にはあります。

 

ちなみに、米朝首脳会談が物別れで終わったことは株的にはマイナスではあるのですが、アジアは多少反応したようにも見えましたが、アメリカには影響せず。

それよりもやはり経済動向のほうがアメリカでは注目されるということでしょう。

今後(特に今週)の考え方ですが、チャートで売るときは、

素直に売りをする可能性はあるが、上値を超える場面ではきちんとロスカットを厳守する対応で行きたい。

3月は、チャートを見ながら、日経平均先物を売る方向性は常時見つつも、株買いと日経平均先物売りでリスクヘッジをすることで対応していくこととなりそう。

株銘柄としては、色々おもしろい銘柄はありますが、

中期でレオパレス(8848)

長期でラオックス(8202)

を注目としたい。

 

他にも、フィデリア株式投資顧問で、各銘柄を紹介しているものの、まずはやりやすい銘柄としてはこの2本が本命となりそうです。

全体的な考え方としては、押し目があれば積極的に狙ってみると良いでしょう。