最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

来週30日、31日に実施される、

金融政策決定会合ですが、懸念点が浮上。

 

「長引く緩和の副作用への配慮を検討」と報道されました。

 

現時点で緩和策をやめるという方向ではないと思いますが、

日経平均型のETF買いの縮小が懸念されているようです。

 

日経平均型のETF買い縮小→TOPIX型ETFに移行が検討されているようです。

 

日経平均型ETFが縮小すると、日経平均がシンプルに下げる可能性が高くなりますし、下落時の日経平均ETF買いが縮小となりますから、日経平均の買い手が減少し、相場に懸念が生まれます。

また、クレディスイスなどが日経平均先物を買っているため、そうなると売ってくる公算が高くなるので、日経平均の下落が続く可能性も。

投資会社や大手が、日経平均売りを手がけてくる可能性もあり、要注意の材料だと思います。

 

今週は、日経平均系は売り持ちはありですが、買い持ちはできる場面ではない。

今週~来週頭で、22000円当たりまでの下落は覚悟しておく必要がありそうです。

 

リスクオフ時に元気な銘柄はいくつかありますが、今は仮想通貨関連が中心です。

そういった銘柄を攻めていくのが良いでしょう。