最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

セクター情報

巷で最近、よく耳にする『フィンテック(Fin Tech)』という言葉ですが、
ここで改めて、この『フィンテック』についてまとめてみます。

 

フィンテックについて

フィンテックとは、
「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を組み合わせたアメリカ発の造語で、金融とIT(情報技術)を融合した、技術革新の事を指します。

スマートフォン関連や、ビッグデータによる分析から便利な金融サービスを創出することが可能となります。

このフィンテックが生まれたきっかけが、2008年秋に起きた、あの「リーマンショック」と言われています。
従来の金融のやり方に失望した投資家やトレーダーが、専門的なノウハウにIT技術を足しこんで、新しいトレンドを作りました。それに合わせて、スマホが登場し、一気にこの技術が加速的に飛躍したと言われています。

 

具体的には、フィンテック技術が進行しているアメリカの例を挙げますと、決済・送金・不正監視・口座管理などで、新しいサービスが続々と登場しています。

 

スマホによる法人決済の代表格が、“米スクエア”が行っている事業で、スマートフォンに装着した簡易リーダーで手軽にカード決済ができるサービスを中小事業者向けに提供しています。

 

また、決済大手のペイパルが言うには、スマホなどの携帯端末経由の決済処理は、今年100兆円に迫る巨大市場に成長し、毎年倍以上のペースで伸びるとのことです。

 

米アップルがアメリカで独自の決済サービス“アップルペイ”を始めたニュースは聞いた方も多いのではないでしょうか。これも、フィンテック技術に該当します。

主に日本で広がる「フィンテック」サービスは、

・スマホによるカード決済…スマホなどに小型読み取り装置を差し込んでカード決済
・簡易ウェブ決済…個人や中小のネット通販サイトにクレジットカード決済機能を追加
・個人の資産管理アプリ…銀行、証券会社、カード会社などとネットで連携
・クラウド会計ソフト…中小企業や個人事業主向けのクラウド会計
・ネットで小口融資…インターネットでお金の貸し手と借り手を結ぶ

等となっています。

 

国も本気を出しており、金融庁がこのフィンテックサービスの普及に向け、銀行規制を緩和するなどの環境整備に乗り出しております。規制が緩和されれば、日本の金融機関もIT企業に出資することで、更なる成長拡大余地があると考えられます。

 

また、2014年のデータですが、フィンテックへの投資額として、世界全体としては1.5兆円程度、日本においては60億円弱となっております。

 

まだ、日本では言葉が一人歩きしているような状況で、一般的に認知度がイマイチな段階ですが、来年以降は飛躍的に、この技術が金融業界を中心に広がっていくことが考えられます。
そこで、国内企業における、この「フィンテック」に関係が深いとされる、6つの会社を以下に紹介します。

 

銘柄6選

・インフォテリア(3853)
この会社は、日本初のXML※ 専門ソフトの開発会社です。
採算性の高い“データ連携ソフト”は、ライセンスで伸び悩みがありますが、高機能版が好調で単価が上昇しています。営業利益を増額しており、増益基調となっています。
今後の急速な伸びが期待できる会社です。
※XML…個別の目的に応じたマークアップ言語作成のため、汎用的に使うことができる仕様、および仕様により策定される言語の名称のこと。

直近のフィンテック関連のニュースとしては、12月4日にプライベート・ブロックチェーン技術を有するフィンテック企業「テックビューロ」との事業提携を発表しており、株価はその日にストップ高となっています。現在、上昇基調です。

・アイリッジ(3917)
ここは、集客・販促でネットと実店舗連携の「O2O※」ビジネス支援を行っている会社です。
※O2O…Online to Offlineの頭文字を取ったもので、「インターネット(オンライン)の活動を実店舗(オフライン)に活かすこと」を意味します。

この会社が展開する、O2O関連支援アプリは、大手小売りや鉄道の顧客数を順調に伸ばしてきており、従量課金が着実に増加傾向にあります。
今年の7月にマザーズ上場した会社で、業績拡大中の企業です。

・メタップス(6172)
こちらも、今年マザーズ上場の銘柄ですが、データ分析や集客アプリ支援と、EC事業者向けのネット決済が主たる事業となっています。
米国皮切りの、オンライン決済プラットフォーム「SPIKE(スパーク)」を始めていることでも注目を浴びています。
社長曰く、金融サービスを今後やっていくとのことで、フィンテックとの親和性が深い企業だと考えられます。
ここ最近のニュースでは、仮想通貨(ビットコイン)関連銘柄として値が飛んでいます。

・FVC(8462)
この会社は、独立系のベンチャーキャピタルで、自治体との連携に強みを持っています。
また、投資した後の育成にも力を入れています。“カネカ”が筆頭株主であることも特徴です。
2001年7月に、京都府下の機械金属関連の中小企業で構成された、部品加工から装置開発まで「試作に特化したソリューション提供」を専門とする『京都施策ネット』に出資をしています。他には、信用金庫・信用組合と地方活性化ファンドを推進しております。

・トレイダーズホールディングス(8704)
傘下のトレイダーズ証券で、外国為替証拠金取引及び、オプション取引を展開している企業です。他に、バイオマス関連も主力事業となっています。
外国為替証拠金取引などでは、為替相場の変動拡大効果により、トレーディング収益は増加しています。

バイオマス発電事業は、2016年10月に山形県で発電稼働予定となっており、これが業績に貢献してくるのは2017年3月期からとなっています。

・フィンテックグローバル(8789)
事業再生や成長企業へのファイナンス支援を得意としているブティック型※投資会社です。
※ブティック型…特定の業種や職種などへ特化し、それを強みとして展開すること。

太陽光発電事業は、概ね好調ですが、ムーミンのテーマパークへの先行投資額、およそ6億円が利益の重しとなっています。

不動産事業として、仲介・戸建て・福利厚生の3つの子会社を連携強化しており、既存客の需要を模索中です。また、水力発電事業にも積極展開しています。
先の12月16日に、ブロックチェーン関連として、この銘柄が連想買いされました。

 

以上、フィンテック関連銘柄として6銘柄を紹介しました。
直接フィンテック関連というわけでなくても、間接的に関わりを持つ会社を探してみると意外な銘柄が見つかるかもしれません。

 

当方の運営するフィデリア株式投資顧問では、フィンテック関連銘柄も推奨しています。

特に、長期投資で紹介していたトレイダーズ(8704)は、120円台で紹介し、一時181円をつける高値となりました。

興味がある方は、フィデリア株式投資顧問 公式HP をご覧頂き、ご検討くださいませ。