最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

株式投資において、セクター情報というのは常に重要と考えます。
たとえば、国策などで注目されると、一気にそのセクターに関連する銘柄が軒並み上げていくということは、よくあることです。

たとえば、今年、初頭から常に注目を集めていたセクターとして
・マイナンバー
・それに付随する形で、セキュリティ関連

が注目されていたのは記憶に新しいところだと思います。

今でも、ラック(3857)、セキュアヴェイル(3042)、FFRI(3692)等は非常に注目されるところで、FFRIなどは値嵩銘柄としても非常に有力、マザーズでも注目される銘柄となっております。

さて、前置きが長くなりましたが、セクター情報として気になるセクターを1つご紹介したいと思います。
去年にも注目されましたが、長い息を持って今後も注目されると思われるセクターです。

 

自動運転関連セクターに注目です。

理由としては、革新的であり、未だにそれが商品化されていない、ということが理由。

マイナンバーは国策でしたが、こちらもいずれ国策化するかもしれませんね。

一応国策の一部には入っていますが、現在のところでは、準国策といったイメージですね。

 

それでは、その注目銘柄をご紹介していきたいと思います。

 

・ZMP(未上場)
本命はこちら。しかしながらまだ未上場。
自動運転車両を開発する銘柄として注目。
JAFCO(8595)、JVCケンウッド(6632)が主要株主であり、上場が決まれば高騰する可能性もあるでしょう。

 

・JVCケンウッド(6632)
こちらも本命に近い。ZMPの主要株主であり、同社が持っている監視カメラシステムは、自動車関連のシステム会社としては名高い銘柄。

 

・アイサンテクノロジー(4667)
こちらもZMP関連で、ZMPや名古屋大学と提携している。自動運転の公道実証試験を行うと発表し注目されている。また、自動運転のための提携を順次進めるなど、今後の動きに注力しています。
測量システムが一番の収入源。3次元地図情報が今後自動運転で注目され、堅調に推移しています。

 

・ルネサスエレクトロニクス(6723)
すでに自動運転用のマイコンを発表している銘柄。車載マイコンで世界トップシェア。

 

・ドーン(2303)
自動運転関連では、一時、値嵩系銘柄となった銘柄。
地理情報システム構築が主。
こうした、時価総額が小さめの銘柄は何らかの材料が出たときに大幅に上昇することが多いので、注目。

 

・クラリオン(6796)
Googleと技術開発の契約を締結したことで注目されている。本質はナビなどの車載機器に強いメーカー。
Googleが自動運転車開発に乗り出しており、またネットワークに強いGoogleと、車載機器に強いクラリオン(6796)が締結することで、新たな展開を生むかもしれませんので、要注目。

 

他にも自動運転関連銘柄はたくさんありますし、今後新規参入も出てくることでしょう。
また、実際に自動運転はこれからの技術ですから息の長い相場となる可能性もあり、数年にわたって注目されるでしょう。