最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

NISA(少額投資非課税制度)という言葉が流行しています。

 

 

要は、株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度ですが、現在株式投資を行っている方に向けての制度というよりは、これから個人投資家を増やしていこうという制度です。

 

 

米などでは、日本に比べて貯金より投資に向かわせる資金が多く、日本では国民性もあり貯金に向かう資金が多い。
これを投資に向かわせていこうという政府の考えも見えてきますね。

 

 

量的緩和策というのは、まずはマインドから入ります。
これもアベノミクスの株価上昇策の一つといえるでしょう。
NISAは単純に株価上昇も期待できますし、
NISAに関連している銘柄の期待もできます。

 

 

そんなNISAの中から注目される銘柄の紹介をしてみようと思います。

 

 

【システム関連】
野村総合研究所(4307) NISAのシステムを手掛ける中心銘柄 金融機関向けのシステム開発

 

 

【広告】
電通(4324) NISA関連の広告が好調
博報堂(2433) NISA関連広告

 

 

【人材派遣】
パソナ(2168)
テンプ(2181)

 

 

【証券関連】

全般的に証券関連は面白いものの、各証券会社、銀行とも食い合いですのでそれほど波及無し。

 

 

【手続き代行】
だいこう証券(8692) 証券事務代行 証券のバックオフィス代行

アグレックス(4799) 証明書などの発行代行
等が中心銘柄です。
あまり多くはありませんが、実はNISA関連は東京オリンピックと連動する可能性があります(そういう売り方の宣伝になっています)

 

 

というわけで、いわゆる東京オリンピック関連、特に建設関連銘柄や、不動産関連銘柄などは注目できるでしょう。

 

他、バイオ銘柄、LINE(ライン)関連銘柄、新興銘柄、IPO銘柄、優待銘柄、配当高銘柄などは

個人投資家の注目度も高く、資金が向かいやすいでしょう。

 

東京オリンピック関連銘柄の紹介はコチラ

 

来年へ向けて仕込み、春へ向けて期待の銘柄を新しく紹介しております。

全てスイングトレードから、中長期投資なのでやりやすい銘柄です。

7から始まるウェアラブル銘柄が反発中。

LINE関連出遅れもそろそろか。

興味がある方はこちらからどうぞ