最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

人気ブログランキング

 

新規で再度紹介。

二番煎じと言えるが、いい調整どころ。

ウェアラブルは今年の一つの注目セクター。

 

 

お疲れ様です。

 

調整どころは仕込どころとなります。

今の問題点は新興市場、新興国市場が弱まっていることが影響なのですが、

その影響は強いながらも限定的、まだ暴落、とはならないとみております。

 

まだ、というのはいつか量的緩和策からの市場資金提供が減り、どこかで今以上に下げる可能性はあるということ。それがいつなのかはわかりませんが、テクニカル的な話も含めると、2014年は気になる年であると考えております。

 

さて、現状ですが、個別銘柄もこの下げの余波を食らっていますが、ずっと上げ続けてきた相場に近いのですから、調整は買いどころとみております。

 

節分天井とはなりませんでしたが、こういった調整のときに買える体制は常に必要であります。常に全力をやってしまうと、いけないということは常に認識しておきましょう。

 

出来高を少し考えます。

普通は、あげるときに出来高があがります。

下げるときには出来高がすくなく、セリングクライマックスとよばれる下げの極致で出来高があがるものなのですが、今は下値で異様に買われております。

 

どうも外国人買いは旺盛なようでして、まだまだ日本株は買いと言われているのですが、その前に個人をふるい落とそうとしているような動きかもしれません。

NISA効果があって今年最初は強かったですが、個人などを落とそうとしている・・・ようにも見えます。逆に言えば売りを吸収しているところがありますので、下げたところは買いだということ。

これが出来高が減っているのであれば大きくみて様子見、が妥当なのですが、まだそういう状態ではないとみております。

 

個別銘柄としては、enishは継続で面白い。

長期ではオオバはまだまだ長期で。

日本精密も中長期で同様。昨日もたいして下げていません。

 

投機では星光、メック。

メック下げ止まらず。狙いにいくのは下げ止まり。鍋底引くのを待つ。

星光PMCは850円以下仕込。

つぎで3回転目できるかどうかに注目です。

1回目は950円以下買いの1000円以上売り。

2回目は850円の900円以上売り。

3回目どうなるか?

 

これこそがスイングトレードの醍醐味かもしれません。デイトレードにも近いですが。

しかし投機的銘柄ですから、難しいトレードかもしれません。

今は一番やりにくいのが、数日~週単位でのスイングトレードだと思いますので、やるなら短期か、中長期の押し目買い。

この方法でいくのがよいでしょう。

 

大事なのは

売買ルールを決めること

これにつきます。

 

なんとなくでやるとマイナスかぶった時に損切りもできません故。

きちんと決めてやっていくのが肝要。

 

そういうところも今後、何かで紹介していければと思います。

 

それでは今日 31日の相場 週末ですががんばりましょう。

おやすみなさいませ。