最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

フィデリア株式投資顧問では元号関連として、近日よりある銘柄を紹介していますが、

推奨時2376円→昨日は2680円の高値をつけるなど、いい展開となっております。

この銘柄も含めて、元号関連で注目できそうな銘柄として、

1銘柄ご紹介させていただきたいと思います。

 

さて、そもそも元号関連ですが、

天皇陛下が16年8月に生前退位のご意向を示された。

新元号への関心が高まっている。

 

平成から次の元号に変わることになりますが、改元を控え、特需が発生する。

 

セクターとしては、

 

・改元に伴う書類、印刷物事業

・印鑑事業

・紙幣や硬貨

などに続き、

 

新元号の元年中に子供を授かろうという「元年ベビー」に向けて

・あやかり婚

に向けた、ブライダル関係

 

などもあります。

 

前置きが長くなりましたが、

元号関連銘柄 Amidaホールディングス(7671)

 

印鑑・スタンプのインターネット通販が主力事業。

時価総額が現時点で50億程度で、新元号による特需が見込まれる。

株価という意味では、規模が大きい会社よりも小さい会社のほうが、新元号による特需の影響も大きいと考えられる。

 

同社はスタンプなどのオーダーメイドWEBサイトなどを運営する。

新元号の制定後は需要が増加するとの見方があり、現在の株価上昇にもつながっている。

ここのところの強い推移も、新元号関連としての期待が高まっていると言えると思います。

 

上場企業の中でも印鑑を専業としているので、ニッチ性も○。

 

昭和から平成への改元時には、消し棒付きゴム印が特需で高騰したこともあるなど、何がきっかけになるかわからない。

 

今回も特需への思惑から、買いを集める可能性が高い。

昨日は大きく上昇、2680円まで伸びて、注目度を表した。

昨年IPOでまだ相場が若く、時価総額、個人資金が入りそうな銘柄、として今月末にかけて注目。

新値を超えていけば、青天井。

 

元号関連銘柄の中でも注目度の高い銘柄と見ております。

押し目は狙い目と判断です。