最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

AKIBAホールディングス(6840)の銘柄情報

出遅れAI/ディープランニング(深層学習)関連株に変貌する将来有望株の仕込み時到来!

<参考チャート@間近3ヶ月チャート>
http://kabusapo.com/chart_3m/?co=6840

<ファンダメンタル>
時価総額 28 億円
予想PER 280.91 [15.77]
実績PBR 2.65
予想配当利回 0.00% [0.00%]

【材料】

2016年12月17日に、AI(人工知能)/ディープ・ラーニング(深層学習)/ドローン(自動運転)/ビックデータ解析関連のHPCテック社の買収に成功!

科学技術計算分野向けコンピューター(HPC)の製造、販売を手掛けるHPCテック(東京都中央区)は大学や研究機関、企業の研究開発部門を主要顧客とし、同社製品は天気予報、地震予測、自動運転、電子機器や新素材の開発などに用いられており、今後はAI(人工知能)、ディープ・ラーニング(深層学習)分野での活用も見込まれています。

今回の子会社化で、AKIBAは販路の拡大を見込むほか、AI(人口知能)分野の主役と言われるディープ・ラーニング(深層学習)や、ビッグデータ解析、ドローン(自動運転)などの新規事業領域での技術の獲得と高度化を図っていくと発表されてます。

【AI(人工知能)によるディープランニング(深層学習)とは?】

人工知能は世界中の注目を集めている。そして、間違いなくその中心にいる主役は、
「人工知能の革命」
とも言われているディープラーニング(Deep Learning、深層学習)です。

ディープラーニングとはニューラルネットワークに対する機械学習の手法の一種で、他の機械学習技術では達成できないレベルの精度を実現できる、夢のような技術として期待されています。

【特殊要因】

AKIBAの筆頭株主はマウスコンピュータの社長であり投資家的にやり手な存在。

買収したHPCテック社の大株主のSPRING社の交渉にも成功した事から、SPRING社が保有する有望企業や案件などを今後も買収を続けて行く事が予想されます。

中長期的な業績の伸びが期待できると予想されるのと、200円→400円超の初動の上昇の半値押しの、280円の一番底、295円の二番底二番底確認後より買い狙いたい銘柄と言えます。

 

【チャート】

出来高抵抗帯と出来高急増の画像解説
AKIBA解説309円