最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

ipo

 

 

12/22上場のIPO銘柄、フォーライフ(3477)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: フォーライフ(3477)
◆事業内容:分譲住宅事業および注文住宅事業
◆関連セクター: 不動産業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・ウッドフレンズ(8886:JASDAQ)予想7.32
・サンヨーハウジング名古屋(8904:東証1部)予想12.89

◆公開価格 想定発行価格2280円 時価総額はOA含め、6.2億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 会社関係者。
◆ロックアップ 従業員持ち株会以外は90日間、1.5倍
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:9.0倍

◆想定価格2280円
◆公募価格2280円
◆初値予想 2600~3000円
◆ブックビルディング妙味:B+
◆初値投資:B+

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月6日(火)~12月12日(月)
当選発表日 12月13日(火)
購入申込期間 12月14日(水)~12月19日(月)
上場日 12月22日(木)

所見

この会社は、分譲住宅の建築・販売を行う「分譲住宅事業」を中心に、注文住宅の建築を請負う「注文住宅事業」、既存住宅のリフォーム等の事業を展開しています。

ここが手掛ける分譲住宅と注文住宅は、いずれも自社設計・自社施工管理の建築形態です。
そのため、住宅品質を維持したまま建築資材等に係る中間コストの削減が可能であり、更に建物の規格化・標準化を通じて全体コストの最小化を図ることが可能となっています。
主たる営業エリアは、横浜・川崎エリアと東京都心を結ぶ東急東横線を主軸として、東急大井町線・目黒線・田園都市線及びJR沿線のエリアとなっています。
主要な顧客層は、神奈川県横浜市及び川崎市並びに東京都内城南地区(東京神奈川圏)を中心に、30歳代及び40歳代前半の年代層と、その家族をはじめとする一次取得者として事業を展開しています。
(東京都内城南地区とは、世田谷区、渋谷区、大田区、目黒区、品川区及び港区の総称としています)

「分譲住宅事業」は、主軸事業で、事業開始以来「住み心地の良い家」の提供をミッションに東京神奈川圏において「都市型・狭小・低価格」の新築3階建戸建住宅を主体に展開しています。
地価の高い都市部では「良質でリーズナブルな戸建住宅」に対する潜在的需要は大きいと考えており、低価格の中にどれだけ機能や品質をいかにバランス良く取入れるか深く意を配っています。
事業用地の仕入れから企画、設計、施工・管理、アフターメンテナンスの一連の工程を自社でマネジメントし、各工程に専任担当者を配してプロジェクトチームを編成しています。
1棟1棟ごとに間取りや内装は、そこに住む方の家族構成やライフスタイル、生活への動線を考慮した間取りに十分配慮しています。
また、地域ごとのニーズ特性を反映した付加価値企画型の開発に取組んでいます。
販売価格帯は、都市部に適した「都市型3階建戸建住宅」を周辺家賃と比較して、購入メリットを感受することができる価格を基本として設定しています。

「注文住宅事業」は、「お客様の夢を叶えるための家を創造するお手伝い」をテーマに、豊かな感性と想像力で理想をカタチにする家造りを追求しています。
顧客に「時間と企画と技術」を総合した高いサービスを共有してもらい、「オーダーメイドの住まい」を提供しています。
請負価格については、「こだわりの注文住宅を子育て世代の方でも無理なく購入できる価格で」をモットーに、顧客の要望に沿ったプランを提案しています。
建物面積を基準として分りやすくシミュレーションしてもらえる仕組みを採用しながら価格を決定しています。

新規発行による手取金の使途については、分譲住宅事業における平成29年3月期に決済を迎える事業用地の仕入に充当する予定とのことです。

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高はきれいな右肩上がりで推移しています。経常・純利益は、年度によって若干のバラツキが見られるものの概ね順調に伸ばして来ています。
自己資本比率は51.5%、営業キャッシュフローはマイナス、現金同等物はプラスを維持しています。

まとめ

IPOとしては、マザーズ上場の小型案件という事で、公開株数が少なく需給的には上昇しやすいのですが、住宅販売関連のIPOは人気が出にくい傾向があるため、初値がどうなるのかが読みにくいところです。
業績自体は、安定的に伸ばして来ていますし、割安度もあるので、公募割れを起こすことはないかと思います。資金的に余裕があれば申し込みをしても良いのではないでしょうか。

 

ブックビルディング妙味はB+
初値投資も、B+としたいと思います。

初値次第では積極的に狙ってもいい銘柄の1つでしょう。