最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

グレイステクノロジー(6541)

12/21上場のIPO銘柄グレイステクノロジー(6541)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: グレイステクノロジー(6541)
◆事業内容:産業機械を中心とした各種マニュアルの作成・管理・運用を行う
基幹システム「e-manual」の提供等
◆関連セクター: サービス業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・翻訳センター(2483:JASDAQ)予想13.98
・ロゼッタ(6182:マザーズ)予想107.00

◆公開価格 想定発行価3010円 時価総額はOA含め、8.4億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 VCと、NMC(株)などの企業の他は、会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって90日間、180日間、1.5倍など
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:27.8倍

◆想定価格3010円
◆初値予想 6000~7500円
◆ブックビルディング妙味:A+ 今回のIPOでは、最大級の注目銘柄
◆初値投資:初値予想としてはリスク高いが注目。

所見

この会社は、マニュアルの企画・構成、編集、制作及び翻訳、企業のマニュアルに係るコスト低減を実現するマニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営に関する事業を展開しています。
国内・国外のメーカーを中心に、マニュアルオーダーメードサービス(MOS事業)を提供しています。具体的には、各種産業機械やソフトウエアに付随する操作系及び運用系の技術マニュアル、さらに社内業務マニュアルなどあらゆるマニュアルの企画・構成、編集、制作及び翻訳(多言語化)を専門としています。
ここが取り扱う、マニュアルの系統は、“操作系”、“運用系”、“業務系”の3つに分けられます。

「MMS(マニュアルマネージメントシステム)」事業では、マニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を行なっており、その機能は主に3つで構成されています。
・マニュアルの企画・構成、編集、制作をWeb上で行う作成プラットフォーム
・デジタル化されたマニュアルのユーザーへの配信及び必要に応じて印刷・製本するオンデマンド印刷
・ユーザーの検索、利用及び問い合わせに対応するポータルサイト

マニュアル制作のあり方を含め、顧客毎に最適なマニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を提案しています。
なお、マニュアル基幹システム「e-manual」の契約形態はASP方式によるクラウド型(グレイスクラウド)が基本であり、機能追加やバージョンアップに迅速に対応しています。
特別仕様などを要望する顧客についてはライセンス付与方式によるオンプレミス型も扱っています。

「MOS(マニュアルオーダーメードサービス)事業」では、専門性の高い各種マニュアルのテクニカルライティング(ユーザーの目線で正確かつ分かり易い文書を作成すること)及び技術翻訳を提供しています。
グレイステクノロジーは、マニュアルがメーカーとユーザーをつなぐ重要なコミュニケーションツールであると捉え、ユーザーの利用目的に応じた注意事項や潜在的な疑問点等に的確に応えたマニュアル作りを提案しています。
具体的には、メーカーのコールセンターやヘルプデスク等に寄せられたお問い合わせ内容の分析や製品の利用状況のリサーチ、製品の設計資料を読み込み、技術者へのヒアリング、操作確認やモニタリング等をなど、ゼロベースからテクニカルライティングを行っています。
こうしたユーザー目線のテクニカルライティグによってユーザーは当該製品の性能・機能・特性などを的確に理解でき、ひいては当該製品もしくはメーカーに対するロイヤリティーの向上にも繋がるとのことです。

新規発行による手取金の使途については、MMS事業を中心とした事業拡大のための運転資金(人材の採用費及び人件費、広告宣伝費)に充当する予定とのことです。

 

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高、純利益においては年度によってバラツキがありますが、概ね順調に業績を伸ばしています。経常利益においては、綺麗な右肩上がりです。
自己資本比率は67.2%、営業キャッシュフローはプラス、現金同等物もプラスですので財務の安定感があります。1

まとめ

この会社が手掛けているのは、投資家に人気の“クラウド関連”で、“マザーズ”、“公開株数が少ない”、“ネット関連”の高騰3拍子が揃っているので、初値高騰期待の高い案件だと思われます。大株主にVCがかなりありますが、何れもロックアップがしっかりかかっているのですぐに売られる心配もありません。ここは、積極的に狙うべきでしょう。

ブックビルディング妙味は文句なし。A+。

初値も、株価次第ではあるものの、これ以上に注目される銘柄もZMP以外ありませんので、リスクを負えるならば買い、あるいは押し目があれば押し目買いもありだとみております。