最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

リネットジャパングループ(3556)

12/20上場のIPO銘柄リネットジャパングループ(3556)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: リネットジャパングループ(3556)
◆事業内容:WEBサイト「NET OFF」を利用したネットリユース事業と、
webサイト「ReNet」を利用したネットリサイクル事業
◆関連セクター: 小売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・トレジャーファクトリー(3093:東証1部)予想14.04
・買取王国(3181:JASDAQ)予想15.47

◆公開価格 想定発行価1620円 時価総額はOA含め、4.6億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 VCと(株)TKコーポレーションなどの企業の他は、会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって90日間、1.5倍など
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:29.3倍

◆想定価格1620円
◆初値予想 2800~3500円
◆ブックビルディング妙味:A+
◆初値投資:12月7日以降、ZMP以外ではかなり注目される銘柄。初値次第で買い妙味あり

所見

この会社は、インターネットに特化し、NET OFFブランドで展開する「ネットリユース事業」と、宅配便による使用済小型家電の回収で国の許認可を取得し参入したReNetブランドで展開する「ネットリサイクル事業」を行っています。

成長市場であるインターネット市場及びリユース市場にリサイクルという差別化要素を付け加えた、Re2(Reの二乗)を成長戦略としています。
Re2の具体的な効果として、ネットリサイクル事業における全国自治体提携数の拡大により自治体住民と接点を持ち、両事業の会員数及び収益機会の拡大を図ることができると考えています。

「ネットリユース事業」では、NET OFFブランドで自社サイトを開設し、ユーザーよりインターネットを通じて買取りの申し込みを受け付け、対象商品を宅配便で集荷後、査定額を指定口座に支払う宅配買取りを行なっています。
また、自社で運営するインターネット中古書店やAmazon等の提携会社を通じてインターネット販売を行う、インターネットに特化した非対面・非リアルの宅配買取り・販売サービスを提供しています。
リユースビジネスにおいて最も重要な買取りについては、「重い中古書籍を店頭に持ち込むのは大変」「査定で長く待たされるのは苦痛」といったリアル店舗顧客の声に応える形で、宅配買取りの提供を行っています。
取扱商品は、中古本、CD、DVD、ゲームソフトを中心に、ブランド品、金・プラチナ、ジュエリー、携帯電話、楽器、ゴルフクラブやフィギュアなど、多様な商品を幅広く取り扱うことで、宅配買取りのワンストップサービスを提供しています。
買取り申込から集荷、査定、入金までインターネットを介して自宅に居ながら楽に売ることができる「宅配買取りサービス」と、買取りした商品を検品、在庫化し、同じくインターネットを通じて購入者へ届ける「ネット販売サービス」を提供しています。

「ネットリサイクル事業」では、ユーザーからのインターネット申込により、直接、不用となった使用済のパソコン、携帯電話、その他小型家電を有償で宅配回収するサービスを提供しています。
宅配回収については、小型家電回収の収集運搬を担当する佐川急便株式会社と使用済小型電子機器収集運搬委託契約書を締結し、平成27年3月より全国エリア(沖縄県、離島を除く)での回収を実施しています。
また、パソコン廃棄の際に個人情報漏えいを懸念するユーザーに応えるため、回収時のデータ消去サービスを有償で行っています。

この事業の特徴は、全国の自治体と提携し、本サービスを行政サービスの一環として広報誌やごみ分別表等を通じて宅配回収の告知・普及を進めていることです。
提携自治体では自治体が提供する回収ボックスに加え、宅配回収の利用を推奨しています。
平成28年9月末現在、リネットジャパングループを推奨事業会社として協定書を締結または提携関係にある市区町村団体の数は89市区町村、世帯数で1,416万世帯(人口換算数で3,064万人)です。

 

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。
直近は業績が好調のようですが、前年以前を見ると、売上高、各利益面いずれも年度ごとによってバラツキが見られます。
自己資本比率は44.28%、営業キャッシュフローはプラス、現金同等物もプラスを維持しているので、財務面の不安感はありません。

 

まとめ

この会社は、業績自体はあまり思わしくないのですが、過去のIPOにおいて、“ネットリユース事業”を手掛ける会社を見ると人気化しているため、今回も初値高騰が期待できる銘柄ではないかと思います。また、公開株数もかなり少なめなので、その点も株価上昇のメリットになります。積極的に狙って良い案件だと思います。

ブックビルディング妙味は文句なし、A+。

初値も株価次第ではありますが、狙っていい銘柄だと思います。