最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

シンクロ・フード(3963)

9/29上場のIPO銘柄シンクロ・フード(3963)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: シンクロ・フード(3963)
◆事業内容:「飲食店.COM」を中心とした、飲食店の出店・開業・運営側と、
飲食店に関わる各事業者とのマッチング
◆関連セクター:情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・明確な類似業種は無い

◆公開価格 想定発行価1960円 時価総額はOA含め、15.7億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 エイトクラウズ株式会社などの企業の他、会社関係者など。
◆ロックアップ 株主によって90日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:26.1倍

◆想定価格 1960円
◆初値予想 2800円~3300円
◆ブックビルディング妙味:A+
◆初値投資:A

 

 

IPOスケジュール

抽選申込期間 9月9日(金)~9月15日(木)
当選発表日 9月16日(金)
購入申込期間 9月20日(火)~9月26日(月)
上場日 9月29日(木)

所見

この会社は、インターネットメディアを運営する事業を行なっており、主力サイトである「飲食店.COM」を中心とした、飲食店出店・開業者及び飲食店運営者と、飲食店に関わる各事業者とを繋ぐマッチングサービスを提供している“メディアプラットフォーム”企業です。

“インターネットメディア事業”の単一セグメントとなっており、
第一に、飲食店の正社員・アルバイト求人情報サイトである「求人@飲食店.COM」や、食材仕入先を探すことができる「飲食店.COM 食材仕入先探し」等から構成される運営サービスを展開しています。

第二に、出店開業・改装に際して店舗物件情報を探すことができる「飲食店.COM 店舗物件探し」、店舗のデザイン・施工を行う内装事業者を探すことができる「店舗デザイン.COM」や居抜き店舗の査定・売却及び閉店・退店支援サービスを提供する「居抜き情報.COM」等から構成される出退店サービスを提供しています。

第三に、飲食業界に携わる様々な方々に参考情報を配信するWebマガジン「Foodist Media」等から構成されるその他サービスを行なっています。

店舗物件や食材仕入先、内装事業者の検索・問合せといった、出店開業・運営において必要となるサービスを、ユーザーは無料(一部有料サービスあり)で利用することができます。
シンクロ・フードは、飲食店のライフサイクルにおけるすべてのフェーズにおいてWebサイトを運営し、ユーザーに対してトータルサービスをプラットフォーム上で展開しています。

「飲食店.COM」のユーザー数及び有料ユーザー数の推移は順調に拡大傾向にあり、全体のユーザー数及び、有料のユーザー数も増やしてきております。(「飲食店.COM」に登録されたユーザーアカウント数)

今回の上場による、新規発行の手取り金の使い道は、「新サービスの企画・開発のための人件費及び人材採用費」、「人員の増強に伴う東京本社及び大阪支社のオフィス増床費用」、 「主要サービスである“飲食店.COM”の認知度を向上させ、ユーザー数及び各事業者数並びに求職者数を拡大させるための広告宣伝費」に使う予定とのことです。

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見ていきます。
売上高、経常・純利益、全てにおいて非常にきれいな右肩上がりで成長しています。文句なしの業績です。
自己資本比率は、70%を超え、営業キャッシュフローはプラス、現金同等物もプラス、しかも前期比を上回ってキャッシュを確保している為、文句なしの財務状況です。

まとめ

シンクロ・フードの事業内容は、明確な類似企業が無く、真新しさのある事業を行っているので、今後の更なる成長が望めます。また、業績・財務面においても理想的な成長の仕方をしているので、その点においても投資に対する安心感もあります。

大株主には、VCが無く他の主要株主にもロックアップがしっかりかかっている為、初値高騰してもおかしくありません。これは、積極的に申し込んでも良い案件ではないかと思います。

 

ブックビルディングでの投資妙味はA+とします。

初値での投資は状況、寄り値次第ですが、これも積極的にいってもいい銘柄、Aとしたいと思います。

 

最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。