最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

ノムラシステムコーポレーション(3940)について

9/16上場のIPO銘柄、ノムラシステムコーポレーション(3940)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ノムラシステムコーポレーション(3940)
◆事業内容:SAP ERP の導入コンサルティングおよび
保守サービス等のERPソリューション事業等
◆関連セクター:情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・システムディ(3804:ジャスダック)予想7.41
・アイ・ピー・エス(4335:ジャスダック)予想17.31

◆公開価格 想定発行価920円 時価総額はOA含め、5.0億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 ほぼ会社関係者。
◆ロックアップ 一部の株主に対して90日間、1.5倍
◆上場市場:ジャスダックスタンダード
◆PER:約10.0倍

◆想定価格 920円
◆初値予想 1250円~1400
◆ブックビルディング妙味:B
◆初値投資:B+

所見

この会社は、ドイツに本社を持つSAP SE提供のSAP ERPの導入コンサルティング及び保守サービス等のERPソリューション事業を行っています。
ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略語です。企業内の会計、販売、物流、人事等のあらゆる経営資源を統合的に管理、有効活用し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと、又は、その基幹系統合システムのことを指します。

 

ノムラシステムコーポレーションは、SAPジャパン株式会社とのサービス・パートナー契約の締結により、デモライセンスを得ています。
SAPジャパン株式会社とは、全世界に130カ国以上の支社を持つ、ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社SAP SEの日本法人です。

SAPは、大企業や中堅企業、公的機関といった比較的規模の大きな法人向けERP市場で、25業種約30万社の顧客企業を抱えています。
自社でSAPの教育、研修ができる環境と教育体制を整備し、より付加価値の高いサービスを提供するためにSAP認定コンサルタント資格の取得を強力に推進しています。
この会社が抱える、SAP認定コンサルタント数は120名、国内SAPパートナー企業122社中22位となっています。

 

ノムラシステムコーポレーションは、SAP PartnerEdgeチャネル契約VARの締結及びPartner Center of Expertiseの認定取得により、SAP ERPの導入・保守サービスだけでなく、ライセンス販売とライセンス保守サービスの提供も行っています。
その結果、人事分野での元請け案件を受注することができ、順調に案件を積み重ねています。

 

他に、FIS(ファンクションインプリメントサービス)を行っており、プライムベンダーであるパートナー企業に対して、顧客要件分析及び実現機能の設計、または標準機能でカバーできない既存業務に対して新機能の作り込みなど個々の課題に応じたSAP ERPのコンサルティングサービスを提供しています。

こちらは、ノムラシステムコーポレーションの主要なサービスとなっています。プライムベンダーとは元請け企業のことで、システムを導入する際、システムを構成するハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク及び開発要員等をとりまとめる主体です。
プライムベンダーの求めるスキル、経験等に合致したコンサルタントまたはチームが、プロジェクト場所に常駐またはノムラシステムコーポレーションにてコンサルティング支援を行っています。
また、必要に応じてパートナー企業の個人事業主及び、外注会社にコンサルティング支援を外注しています。

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高においては、概ね順調に拡大してきていますが、経常・純利益面においては、年度によってかなりバラツキが見られます。
自己資本比率は、80%を超えており高い数値なのですが、営業キャッシュフローが前年より減らしてきています。ただ、現金同等物はしっかり確保していますので、財務面に問題はありません。

まとめ

ここは、業種が“情報・通信業”で、小型案件のため人気がしそうですが、直近5年間の業績の推移を見てみると成長性という面においては、真新しさを感じられません。

事業内容も、SAPのコンサルティングと地味ですので、初値で高騰というのは考えにくいかと思います。

ただ、大株主にロックアップが掛かっており、VCもいないのでそれなりに上昇はするのではないかと思います。資金に余裕があれば申し込んでも良いかと思います。

ブックビルディング妙味はB。銘柄的に、小型マザーズネット関連の注目株に比べると注目度は劣る。

しかしながら、公募割れということはないとみています。

初値での投資は状況、寄り値次第ですが、株価がある程度安く寄り付けば、むしろ少し期待が持て、B+と判断したいと思います。

最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。