最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報

6/29上場のIPO銘柄 ソラスト(6197)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ソラスト(6197)
◆事業内容:医療関連受託事業、介護・保育事業等
◆関連セクター:サービス業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・エラン(6099:東証1部)予想26.20
・ニチイ学館(9792:東証1部)予想105.88

◆公開価格 想定発行価1270円 時価総額はOA含め、143.6億円程度 
◆仮条件 
◆想定価格 1270円
◆初値予想 1200円~1350円 
◆ブックビルディング妙味:C
◆初値投資:C

◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 シージェイピー・エヌ・シー・ホールディングス・エル・ピーなどの企業の他、
会社関係者など。
◆ロックアップ 180日間
◆上場市場:東証(1部か2部、未定)
◆PER:約24.7倍

すけじゅーる

抽選申込期間 6月14日(火)~6月20日(月)
当選発表日 6月21日(火)
購入申込期間 6月22日(水)~6月27日(月)
上場日 6月29日(水)

所見

この会社は、医療事務関連業務・医事周辺業務・病院経営支援業務等の医療関連受託事業、訪問介護・デイサービス等の介護事業、東京都認証保育所を中心とした保育サービス事業などを展開しています。

「医療受託関連事業」では、1,500以上の医療機関を対象に医療事務関連業務、医事周辺業務、病院経営支援業務等を、業務受託及び人材派遣によって行われています。
主なサービス内容は以下のようになっています。
・医療事務関連業務:受付業務、クラーク業務、会計業務、外来・入院算定業務、診療報酬請求業務、DPC関連業務、諸法請求業務など
・医事周辺業務:医師事務作業補助業務、宿日直業務、看護補助業務、院内物流業務など
・病院経営支援業務:病院経営コンサルティング、病院事務運営、診療情報管理支援、IT関連サービス、地域連携支援など
・その他:医療事務や病院経営分野の各種調査・分析、資料作成、講演・研修など

「介護事業」では、首都圏・名古屋圏・関西圏において、在宅介護サービスを核とし、地域に根差した介護サービスを目指しており、半径5~10キロメートル程度の地域を多数設定し、それぞれの地域内で訪問介護や通所介護、有料老人ホーム等、複数のサービスを組み合わせて提供し、利用者の利便性とブランドロイヤリティーの醸成を図るトータルケアサービスを提供しています。
訪問介護では、一人暮らしの方、本人や家族が家事を行うことが難しい場合にホームヘルパーがご自宅にお伺いし、日常生活をサポートします。

「保育事業」では、多様化する保育ニーズに応え、東京都認証保育所を中心に、保育サービスを提供しています。
サービスを提供しているところとして、“認可保育所”、“認証保育所”、“病後児保育室”となっており、施設環境としては、保護者の様々なニーズに応える為、開園時間を長くとり夜遅くまでの保育を希望される方にも対応できるようになっております。

他に、企業・団体顧客・個人向け医療事務関連講座、介護関連講座等の教育・トレーニングの提供及びそれらに係る技能認定試験業務なども行っています。

業務・財務

ここからは、業務・財務面を見ていきます。
売上高においては、横ばいか年度によって減収の時期もあります。各利益面においても、バラツキがあり業績は不安定です。
自己資本比率は40%弱、営業キャッシュフロー、現金同等物はプラス維持で問題ありません。

 

まとめ

このソラストは、以前「株式会社日本医療事務センター」という旧社名を持ち、過去に上場していたため、“再上場案件”となります。IPOとしては、嫌がられる“再上場”ということに対して、公募株のみの売り出しとなっていますし、かなりの大型案件となっております。
大株主には、全て180日間のロックアップがかかっていますが、公開株数が多く、需給面で不安感があります。
また、事業内容・業績面を見ても、不安定で成長性があまりないため、初値形成後、公開価格割れも起こしかねない案件だと思います。
無理をして申し込みをする必要はなく、他のIPO案件に資金を振り向けるのが得策ではないかと思われます。

最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。