最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報

6/28上場のIPO銘柄ベガコーポレーション(3542)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ベガコーポレーション(3542)
◆事業内容:家具・インテリア等のインターネット通信販売事業、
越境市場をターゲットとしたグローバルECサイトの運営等
◆関連セクター:小売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・カッシーナ・イクスシー(2777:JASDAQ)予想8.01
・大塚家具(8186:JASDAQ)予想77.61

◆公開価格 想定発行価1440円 時価総額はOA含め、13.9億円程度 
◆仮条件 
◆想定価格 1,440円
◆初値予想 1,500~1,700円 
◆ブックビルディング妙味:C
◆初値投資:C

◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 (株)アルタイルなどの企業の他、VC、会社関係者など。
◆ロックアップ 株主によって90日間、1.5倍
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:約15.2倍

スケジュール

抽選申込期間 6月10日(金)~6月16日(木)
当選発表日 6月17日(金)
購入申込期間 6月20日(月)~6月23日(木)
上場日 6月28日(火)

所見

この会社は、家具・インテリア等のインターネット通信販売事業、越境市場をターゲットとしたグローバルECサイト(Eコマース)を主軸として運営しています。
ベガコーポレーションは、現在、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの大手インターネットモール内の店舗、自社運営サイトの店舗を通じた家具・インテリア等のインターネット通信販売事業を展開しています。
(ちなみに楽天市場では、「ショップ・オブ・ザ・イヤー」(インテリア・寝具・収納ジャンル)を5年連続で受賞)

現在以下の5ブランドの店舗展開をしております。
・LOWYA:高品質なものを低価格で提供することをコンセプトとした総合家具通販サイト
・ララスタイル:ランドセルや子供机等を中心としたシンプルで機能的な商品を提供
・スミシア:女性やファミリー層をターゲットに、多様化した生活スタイルに合う商品を提供
・バロッカ:高級感のある家具を提供
・ノージィ:北欧テイストのインテリアを中心とした商品を提供

以上のブランド中で、椅子や机、ベッドからダイニング用品、照明器具、布団、日用家電まで幅広い商品を取り扱っています。

この会社の特徴は、商品企画小売型というビジネスモデルを採っていることです。
商品企画から小売までの一貫体制により、効率的に商品開発・生産管理を行うことで、顧客ニーズを適時に反映した商品の提供を行っています。
また、自社のプロダクトデザイナーによる自社オリジナル商品の企画・開発およびお客のレビュー等からの意見を参考とした商品改良にも積極的に取り組むことで、顧客満足度の高い商品開発が可能となっています。
商品は、主に中国・東南アジアおよび欧州の工場に製造を依頼して、直接貿易を行うことで商品仕入原価を抑え、リーズナブルな価格を提供できるとのことです。

全店舗サイトへのアクセス人数(重複ユーザー数含む)は、平成26年3月期は1800万人、平成27年3月期は1900万人、平成28年3月期は2800万人と順調に伸ばして来ています。

また、ユーザー行動分析管理の経験・実績もあり、子会社においてゲームアプリの開発・運営・分析を行っていた経験を活かし、楽天市場、AmazonおよびYahooショッピングのインターネットモールをはじめとしたWeb全体から、日々家具・インテリア等のトレンド情報を収集・分析していることも特徴です。

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高は右肩上がりで推移しています。経常・純利益では、少しもたつきは見られるものの、概ね上昇傾向と言ったところでしょうか。
自己資本比率46.6%、営業キャッシュフローはプラス維持、現金同等物もしっかり保有しているので財務面の問題はありません。

 

まとめ

IPOとしては、家具販売事業という事で、あまり人気化しそうにない案件ではないかと思うのですが、インターネット販売を行うという事で「越境EC」のテーマに載ってくるので、意外に初値形成後の株価が上昇してくれそうな、雰囲気も持っているかと思われます。

大株主VCがいるものの、ロックアップがしっかりかかっているので、初値形成後の株価が下がっていく事も考えにくいかと思います。マザーズで比較的小型案件ですし、業績もほどほどにありますので、それなりに上昇してくれそうな感じがしますが、やはり中型規模、と規模が大きめであることもあり積極的にはいきにくい。

資金が豊富であればブックビルディングを狙っていいと思いますが、そうでなければスルーで良いと見ております。

最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。