最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報

6/27上場のIPO銘柄 キャリア(6198)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: キャリア(6198)
◆事業内容:高齢化社会型人材サービス(シニア人材の活用コンサルティング・
派遣・紹介及び介護施設への看護師や介護士の派遣・紹介)
◆関連セクター:サービス業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・セントケア・ホールディング(2374:JASDAQ)予想9.65
・ツクイ(2398:東証1部)予想23.24

◆公開価格 想定発行価1850円 時価総額はOA含め、10.5億円程度 
◆仮条件 
◆想定価格 1,850円
◆初値予想 2,800~3,500円 
◆ブックビルディング妙味:A+ 
◆初値投資:B リスクは高め 初値次第では積極策
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。

◆大株主 会社関係者など。
◆ロックアップ 180日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:約20.7倍

スケジュール

抽選申込期間 6月10日(金)~6月16日(木)
当選発表日 6月17日(金)
購入申込期間 6月20日(月)~6月23日(木)
上場日 6月27日(月)

 

所見

この会社は、高齢化社会に向けたシニア人材の人材派遣、人材紹介、業務請負や介護施設向けの看護師や介護士を主とした有資格者の人材派遣、人材紹介などの人材ビジネスを展開しています。
事業構造としては、大きく分けて、高齢者が働く「シニアワーク事業」と看護・介護派遣を主とした「シニアケア事業」の2つに分けられます。

「シニアワーク事業」では、55歳以上の働く意欲のある人を「アクティブシニア」と定義し、アクティブシニアの積極的な就労機会の開拓を行っています。
今まで、年齢的な制限や個人の経験を適切に判断することが難しかったのを、この会社が綿密な分析を行う事により、働き先と働きたいシニアの方とのマッチングを図っております。
シニアでも対応可能と考えられる高度なITスキルが不要な業務、体力負担が少ない業務、視力が十分ではなくても可能な業務等を抽出し、ここが扱う主な職種区分の内、“ビルメンテナンス”、“ベッドメイキング”、“ロジスティックス”の合計で78.2%(平成28年3月末時点)とアクティブシニアの高い就業率を実現しています。

「シニアケア事業」では、介護施設を中心に看護師や介護士等の有資格者の人材派遣、人材紹介及び紹介予定派遣を行っています。
介護市場としては、高齢化社会の進展、要介護者の増加に伴い、介護施設は増加傾向にある中で、2015年には介護人材は約37万人不足すると言われております。
キャリアでは、潜在看護職員が約71万人に対して、保有している資格を活用できていない潜在看護師の復職や、介護施設において必要とされる介護士の人材派遣、人材紹介及び紹介予定派遣を推進しています。
シニアケア事業の主な就労場所は、入所介護型施設、在宅介護型施設、医療機関等です。主な登録有資格者は看護師、准看護師、介護士となっています。

 

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高はきれいに右肩上がりで推移しております。経常・純利益は若干、年度ごとでバラツキが見られるものの、概ね順調に伸ばしていると言えるでしょう。
自己資本比率は31.8%で、営業キャッシュフロー、現金同等物もプラスと財務面は問題ありません。
IPOで得た資金は、業務の効率化を目的としたシステム投資と借入金の返済に充てるとのことです。

まとめ

売上高を順調に伸ばしており、業績が好調で、高齢者人材を活用するサービスということで、国が進める施策にも関係しそうな事業を行っていることから、人気化する可能性は高いのではないかと思われます。
大株主もロックアップが全てかかっていますし、ほぼ会社関係者という事もあって、初値形成後売られる理由はありません。
業種が“サービス業”ですが、それなりに上昇してくれそうな案件ではないかと思うので、積極的に申し込みをしてもよい銘柄ではないでしょうか。

ブックビルディングは、国策でもあるため注目。積極策でいいと考えます。

初値投資はやはり初値次第。しかし人気企業が出る可能性のある銘柄であり、積極的にいけるかもしれません。

最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。