最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報4/8上場のIPO銘柄を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: 丸八ホールディングス(3504)
◆事業内容:羽毛ふとん等の寝具・リビング用品の製造販売などを行う
グループ会社の管理・統括
◆関連セクター:繊維製品
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・ナフコ(2790:JASDAQ) 予想8.50
・日本毛織(3201:東証1部)予想15.30

◆公開価格 想定発行価格670円 時価総額はOA含め、12.2億円程度 
◆仮条件 620円 ~ 680円
◆公募価格 未確定
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 (株)洋大などの企業の他は、会社関係者など。
◆ロックアップ 90日間
◆上場市場:名証2部
◆PER:約8.8倍
◆初値予想: 650円 ~ 730円
◆ブックビルディング妙味:C
◆初値投資妙味:C

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月23日(水)~3月29日(火)
当選発表日 3月30日(水)
購入申込期間 4月1日(金)~4月6日(水)
上場日 4月8日(金)

所見

この会社は、“ホールディングス”と社名にあるように、持ち株会社として31の子会社で構成されており、「寝具・リビング用品事業」と「不動産賃貸事業」が主軸となっています。

「寝具・リビング用品事業」では、ダイレクトセールス用・卸売用・レンタル用・ホテル旅館向け販売用と、販売形態ごとに製造しています。
主力製品の羽毛ふとん・羊毛敷きふとん・毛皮製品(敷き布団、敷物)については、羽毛ふとんの“側(がわ)生地加工(刺繍含め)”、毛皮製品の“原皮なめし加工”等は、海外工場(外注先含む)で行っています。

羽毛ふとんの羽毛投入、羊毛敷きふとんの縫製加工、毛皮製品の製品検査等は国内工場にて行うなど、クオリティの高い眠りを追求した製品を生産するために、原材料の調達・加工から製品の仕上げまでを一貫して行う体制を持っています。

主な原材料である「羽毛(グース、ダック)や羊毛原皮」については、産地を厳選し、自社工場で、品質検査・除塵・洗浄・殺菌を徹底して行っています。
また、“羽毛”は、主に中国・東欧から、“羊毛”は、主にフランスから、“ムートン”は、オーストラリア、ニュージーランドから調達しています。

製品企画においては、製品企画部門が営業部門と情報交換を行い、顧客に対して使用感や意見を聴取することにより、製品の開発及び、改良に反映させていくことを可能としています。
販売においては、販売員が顧客の自宅に伺う、“ダイレクトセールス”を主軸としています。
寝具・リビング用品は毎日何年も使い続ける生活必需品であり、特に羽毛ふとんは高額品であることから、顧客にじっくりと製品を確かめていただき、品質や価格に納得のうえで購入してほしいことから、このような販売形態をとっているとのことです。

「不動産賃貸事業」は、この丸八ホールディングスが所有する不動産を、顧客へ賃貸するも行っています。主な賃貸不動産は、首都圏を中心に、丸八新横浜ビル(横浜市港北区)、丸八青山ビル(東京都港区)、パークウェスト(東京都新宿区)があります。

 

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見ていきます。
売上・各利益面ともに、ほぼ横ばい傾向となっており、成長性があまりありません。
財務においては、自己資本比率が80%弱で、営業キャッシュフローもプラスとなっていますが、投資キャッシュフローもプラスとなっており、あまり投資に積極的でないように見えます。財務面が、非常に安定度が高い反面、売上・利益面で頭打ちしている感が否めません。

まとめ

IPOとしては、所属部が“名証2部”で、事業自体も布団・リビング用品の販売という地味な事業で、今さらながら販売員が自宅に伺うという、古臭いやり方をしている会社です。

IPOで得た資金は、寝具・リビング用品の設備投資、不動産投資に充てるとのことですが、資金は潤沢にありそうなので、投資家側から見た場合は、上場妙味という意味でも薄いと思います。

ひとまずは大株主にVCがいなくて、ロックアップもしっかりかかっているので、売りは出にくい状況であることは間違いないと思うのですが、買いが集まりにくい案件となっていて、初値が付いた後に上昇していくとは考えにくいかと思います。

ただ、公募価格は低めで割安感はあるので、その辺りが株価にどう反映して来るかというところが焦点となりそうです。
特段、資金に余裕がないのなら、スルーしてもよい案件ではないかと思います。

ブックビルディング、初値投資妙味ともにCとします。

まだ詳しい条件等が決まっておらず材料が少ないため、上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

また、ブックビルディングに当選しない場合でも、最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。

 

本日上場

基本的にはPER10 およそ690円あたりが視野。

しかし、配当が30円といいですので、堅調に推移、また寄った後も堅調に推移する可能性はあります。

マザーズの優良銘柄のように大きな上昇というのは考えにくいですが、中期的、長期的投資であれば妙味はありそうです。