最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報3/18上場のIPO銘柄 アイドママーケティングコミュニケーション(9466)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名:アイドママーケティングコミュニケーション(9466)
◆事業内容:流通小売業の統合型販促支援事業
◆関連セクター:情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・ブレインパッド(3655:東証1部) 予想874.28
・トランスコスモス(9715:東証1部)予想14.02

IPO参考情報

◆公開価格 想定発行価格1540円 時価総額はOA含め、28.3億円程度 
◆仮条件 未確定
◆公募価格 未確定
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 (株)バローホールディングス、(株)シュリンプバレーの他は、ほぼ会社関係者など。
◆ロックアップ 90日間、1.5倍
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:約44.1倍
◆当サイトの初値予想 2000~2500円
◆ブックビルディング妙味 B

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月2日(水)~3月8日(火)
当選発表日 3月9日(水)
購入申込期間 3月10日(木)~3月15日(火)
上場日 3月18日(金)

所見

この会社は、食品スーパーマーケットを始めとする、流通小売業への販売促進に関わる企画・提案・デザイン・販促物の制作までを、トータルでサポートするサービス「統合型販促支援事業」を主とした事業を展開しています。
この「統合型販促支援事業」は、クライアントの要請に応じて“マーケティング、データ分析、リサーチ、インターネット、スマートフォン等を取り入れたプロモーション企画を提供し、折り込み広告を主力媒体とする広告物のデザイン・制作支援までを一貫して行うサービスを軸としており、統合型販促支援事業の単一セグメントとなっています。

マーケティング分析においては、クライアントの販売方針などのポジショニング確認から、POSデータ・売り上げデータ・統計データ、気象データなどの各種指標に基づく広域マーケティングデータの分析、トレンドリサーチによるデータベース化、競合店・競合市場のリサーチなどを行っています。

プロモーション企画・提案については、エリア特性に基づくMDプランニング(セールスプロモーションコンセプト設定、戦略テーマ設定、販売促進計画、広告対象商品政策、広告コンセプトデザインの企画・提案)と、セールスプロモーション手段の提案を行っています。

デザイン制作・販促運営支援では、折り込み広告を主力媒体とした各種広告物の企画・デザイン・制作・配布対象エリアの提案・印刷手配・配布手配及び、インストアプロモーション(店舗内外のPOP広告、ポスター、販促リーフレット、タイトルボード等)の企画、デザイン、制作から、スマートフォンを利用した販促メディア、Web制作、その他媒体の企画、制作までを行っています。

 

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高は、順調に前期比増の右肩上がりで推移してきています。
経常・純利益面においては、2014年3月期をあたまに落ち込みが見られましたが、2016年3月期は大幅増を見込んでいるようです。
自己資本比率は、47.9%と高い数値を維持しており、営業キャッシュフローはプラス、投資キャッシュフローはマイナスと、入って来たお金を投資に振り向けており、財務状態は良好でないかと思います。

 

まとめ

スーパーなどの販売促進を行っている企業なのですが、ネットを利用したマーケティング分析をしていることから、業種が“情報・通信業”となっており、「ネット関連企業」とみて良いと思います。所属部が“マザーズ”ですので、初値高騰の期待が持てる案件ではないかと思います。(ただし、吸収金額が若干大きめ)

VC、ロックアップなどからも安心感あり。PERが若干高めですが、IPOとしてはそう問題視されないと思います。

前期業績で利益の落ち込みが見られましたが、今期は急回復が見込め、今後の利益の伸長が大きい会社でもありますので、人気化する可能性は高いでしょう。

同時上場が重なりますが、3月18日の1、2番目ぐらいで人気が出そうな銘柄ではないかと思います。

ブックビルディング妙味はBです。

 

まだ詳しい条件等が決まっておらず材料が少ないため、上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

また、ブックビルディングに当選しない場合でも、最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。