最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報

3/18上場のIPO銘柄、アグレ都市デザイン(3467)を紹介します。

銘柄情報

◆会社名:アグレ都市デザイン(3467)
◆事業内容:新築戸建分譲事業、注文住宅・戸建建築請負事業、
その他不動産に関する事業
◆関連セクター:不動産業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・サンヨーホームズ(1420:東証1部) 予想29.43
・フージャースホールディングス(3284:東証1部)予想5.19

IPO参考情報

◆公開価格 想定発行価格1700円 時価総額はOA含め、4.6億円程度 
◆仮条件 未確定
◆公募価格 未確定
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 VC、青梅トーヨー住器(株)の他は、ほぼ会社関係者など。
◆ロックアップ 社長の他、数人に対して90日間
◆上場市場:ジャスダックスタンダード
◆PER:約7.0倍
◆当サイトの初値予想 1700~2200円
◆ブックビルディング妙味 B-

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月2日(水)~3月8日(火)
当選発表日 3月9日(水)
購入申込期間 3月10日(木)~3月15日(火)
上場日 3月18日(金)

所見

この会社は、東京都多摩地区を中心に、首都圏をメインターゲットとして、戸建て用地の仕入れ(取得)から、建物の企画・設計・施工管理・販売・アフターメンテナンスまでを一貫して行う、デザイン性、機能性に優れた戸建て住宅の「アグレシオ・シリーズ」を供給している不動産事業を営む企業です。
事業セグメントは、この「戸建て販売事業」のみの単一セグメントとなっています。

戸建て販売事業においての用地仕入では、土地柄や環境といった「住宅地としての可能性」を判断基準として、住環境としてふさわしくない土地については、割安でも購入しないという判断を行っていることが、この会社の特徴となっています。
建物の企画・設計においては、自社内に専門の部門を配置し、「洗練されたデザイン」と「使い勝手」の両方を兼ね備えることが出来るように努めています。
施工管理については、この会社が施工管理業務を自社で引き受けているため、自社ブランドの品質の均一性だけでなく、顧客からの施工に関する質問などに対しても、十分な説明が出来るようになっています。
また、販売においては“自社販売”を強化していて、顧客への引渡しを行った戸建て住宅の内、8割強を自社販売の手法により供給することが可能となりました。
顧客と接する際には、営業担当者だけでなく、設計担当者も顧客と直接接するそうで、そこで得た顧客の声を、次の商品企画に反映することが出来るようにしているとのことです。

更には、これら戸建て販売事業で培ってきたノウハウを生かし、近年では個人の顧客から注文住宅の建築請負やマンションデベロッパーを含めた、同業他社からの戸建て住宅の建築請負にも注力しています。
注文住宅においては、この会社が手掛ける建売住宅における商品企画や原材料を“パッケージ化”することで、ブランドの統一・コスト削減を図っています。
同業他社からの戸建住宅建築請負については、特にマンション用地の取得が困難な状況が
続く中で、戸建販売事業への進出を考えていても、ノウハウに乏しいマンションデベロッパーや、自社で施工管理を行わない戸建販売業者などをターゲットに、建築を受注しています。また、建築の請負だけでなく、販売も併せて受託を行っています。

 

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高については、概ね順調に伸ばして来ていますが、経常利益・純利益ともに平成26年3月期をピークに下落傾向にあることが懸念材料です。
自己資本比率は21.8%程度となっています。営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローがマイナスですが、これらは事業内容によるもので、今回のIPOで得た資金で、戸建て販売事業における用地取得に充てるとのことです。

まとめ

IPOとして、業種が“不動産業”という、あまり人気化しにくい業種であり、主要の大株主にロックアップがかかっていないことは、初値後の株価上昇の期待を持ちづらい案件ではないかと思います。
ただ、マイナス金利の導入により“不動産セクター”に注目が集まっていることもありますし、小型案件で、割安な水準であることを頭に入れておいた上で、申し込みを検討してみても良いのではないでしょうか。
PERが7倍と非常に低いことを考えても申し込みの余地あり。

また、初値も思わぬ安値となるならば入る価値あり。しかしVCやロックアップがないことは非常に懸念される点。

ブックビルディング妙味はC・・・にしようと思いましたが割安性からB-です。

まだ詳しい条件等が決まっておらず材料が少ないため、上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

また、ブックビルディングに当選しない場合でも、最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。