最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報

3/18上場のIPO銘柄、グローバルグループ(6189)を紹介します。

◆会社名:グローバルグループ(6189)
◆事業内容:保育所等の運営を通じて次世代を担う子供たちを育成する子育て支援事業
◆関連セクター:サービス業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・幼児活動研究会(2152:JASDAQ) 予想8.19
・JPホールディングス(2749:東証1部)予想16.86

IPO参考情報

◆公開価格 想定発行価格2200円 時価総額はOA含め、45.6億円程度 
◆仮条件 未確定
◆公募価格 未確定
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 VC、(株)なかや などの企業の他は、ほぼ会社関係者など。
◆ロックアップ (株)なかや、社長に対して90日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:約33.5倍
◆当サイトの初値予想 2600~3300円
◆ブックビルディング妙味 B

 

IPOスケジュール情報

抽選申込期間 3月2日(水)~3月8日(火)
当選発表日 3月9日(水)
購入申込期間 3月10日(木)~3月15日(火)
上場日 3月18日(金)

所見

この会社は、保育所などの運営を通じて次世代の子供たちを育成する「子育て支援事業」を主な事業として営んでおります。
施設自体は、首都圏を中心として、自治体より認可等を受けた保育施設74施設、及び学童クラブ・児童館10施設を運営しています。

ここがモットーとしている保育方針は、以下の通りです。
・子どもの安全と安心を基本として、自ら伸びる力を大切にし、
成長と個性に応じた多様性のある保育をする。
・子どもの目線で、豊かな愛情をもって、一人ひとりの気持ちをしっかり受け止め、
その主体的な活動を育む。
・子どもを中心に据え、家庭や地域との信頼関係を築き、
環境を通して、人や物との関わりを大切にする。

平成27年4月から、「子ども・子育て支援新制度」が本格的に施行され、この制度の下、公的に認可等を受けて運営される保育施設は、施設型給付を受ける施設(認可保育所、認定こども園、幼稚園)と、地域型保育給付を受ける施設(小規模保育や家庭的保育など)に区分されることになっております。

“認可保育所”は、国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備、防災管理、衛生管理等)を満たし、都道府県知事等に認可された児童福祉施設を指します。

“独立認定保育所”は、大都市を中心とした保育所不足の解消等を目的として、自治体が独自で定める制度に基づき設置された保育所のことです。
一例として、横浜市が定めた制度に基づき、運営される「横浜保育室」などがあります。

“認定こども園”は、就学前の子どもに幼児教育・保育を提供する機能と、地域における子育て支援を行う機能を持ち、教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方を兼ね備えた施設となります。
現在は、幼保連携型・保育所型・幼稚園型・地方裁量型の4種類があります。

“小規模保育”は、子ども・子育て支援新制度の下で、市町村の認可事業として新たに創出された保育制度(6-19名が定員)になります。

上記の保育施設での利用料は、施設の利用者と、自治体から交付される運営費により、運営しています。
グローバルグループが手掛ける、これらの保育施設の園児数は、平成27年末時点で“4026名”と、年々増加傾向にあります。

 

業績・財務

ここからは業績面と財務面を見てみます。
売上高は綺麗な右肩上がりで、ここ数年は急拡大しており、経常・純利益も共に好調を維持しています。
自己資本比率は、19%程度と同業他社と比べて見劣りしますが、営業キャッシュフローは大きくプラスとなっていますので、キャッシュ面での安定感はあるかと思います。

まとめ

IPOとしては、吸収金額が大きめで若干値が重い印象があることと、大株主に対するロックアップが、社長と(株)なかや に対してのみで、VCにはかかっていない状況です。

ただ、保育事業というのは、国が積極的に推進している政策、いわゆる国策ですので、値を下げたところでは、買いが集まることも考えられます。読みが難しいが、初値が割れる可能性は低いとは見ております。

比較的、当選確率も高めとなっておりますので、上記の点を踏まえた上で申し込みを検討されても良いのではないでしょうか。

 

ブックビルディング妙味はB。国策を評価としてみました。当選確率も高めなので、積極的に行ってもいいと思います。

 

まだ詳しい条件等が決まっておらず材料が少ないため、上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

また、ブックビルディングに当選しない場合でも、最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。