最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報3/14上場のIPO銘柄LITALICO(リタリコ)を紹介します。

 

銘柄情報

 ◆会社名:LITALICO(リタリコ)(6187)

◆事業内容:就労支援事業、児童発達支援事業、学習教室及び幼児教室の運営等

◆関連セクター:サービス業

◆関連・比較・類似銘柄とPER:

 

・明光ネットワークジャパン(4668:東証1部) 予想21.78

・ベネッセホールディングス(9783:東証1部)予想91.10

 

 

◆公開価格 想定発行930円 時価総額はOA含め、16.4億円程度 

◆仮条件 930~1000円

◆公募価格 1000円

◆初値予想 1400円~1700円

 

◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。需給良好

◆大株主 ほぼ会社関係者。

◆ロックアップ 株主によって、180日間、1.5倍

◆上場市場:東証マザーズ

◆PER:38.9倍

◆ブックビルディング妙味: B

◆当サイト初値予想:調査中

IPOスケジュール情報

抽選申込期間 2月25日(木)~3月2日(水)

当選発表日 3月3日(木)

購入申込期間 3月4日(金)~3月9日(水)

上場日 3月14日(月)

 

所見

この会社は、主に障害者の支援を行っており、事業は大きく分けて以下の4つがあります。

・障害者への就労を支援するサービス「WINGLE事業」

・子ども一人ひとりの個性に合わせた学びの場を提供する「Leaf事業」

・子どもの創造性を育むためのITとものづくり教室を運営する「Qremo事業」

・子育てに関する情報メディアやポータルサイトを提供する「インターネット事業」

 

「WNGLE事業」は、主に精神障害者を中心に就職するための訓練・就職支援の実施から、就職後に仕事を続けてもらえるような定着支援を行っています。

また、障害福祉サービスを利用するための利用計画の作成や、計画に基づくモニタリングの実施なども手掛けています。年間の就職者数は、延べ850名以上となっています。

 

「Leaf事業」は、発達障害の子供を中心とした未就学の幼児、小・中高校生の学習支援を行っています。市区町村より、このサービスを受けられる未就学児を対象に、学習面・行動面・コミュニケーション面などの指導から、学齢期の児童へもこのような指導サービスを行っております。また市区町村からのサービス受給者証を発行されていない、未就学児・小中高生もこれらの指導サービスを受けることが出来るようにもなっています。

 

「Qremo事業」は、未就学児(主に年長)から高校生全般まで、プログラミング・ロボット・3Dプリンターを活用したデジタルファブリケーション※などの最先端のデジタル技術を駆使した教育の場を提供しています。

※デジタルファブリケーション…物質の情報化や、情報を物質化したりする技術の総称

 

「その他インターネット事業」では、“LITALICO発達ナビ(発達障害のある子どもや発達が気になる子どもを持つご家族を対象としたポータルサイト)”があり、ここではユーザー同士が質問し合えるSNSや地域の施設の口コミ掲載、療育事例の提供、その他発達障害のある子どもの子育てに関する情報をこのポータルサイトより提供しております。

 

LITARICOは、国民健康保険団体連合会などの行政から報酬を得る事業を“公費事業”と定め、それ以外の行政機関から報酬を得ない事業を“私費事業”と定めています。

 

業績・財務

業績面と財務面を見てみます。

売上高、各利益においても、順調に右肩上がりで業績を伸ばして来ているので、業績自体は好調です。

平成27年12月期の自己資本比率が30%、キャッシュフローにおいても、入って来たお金の範囲内で投資に振り向けているので、理想の投資の仕方だと思います。

現金同等物もしっかりプラスとなっています。財務面でも問題ないでしょう。

 

まとめ

IPOとしては、業種が“サービス業”とはいいつつも、ネットを介して障害者支援を行うことや、吸収金額が比較的小さいこと、上場が“マザーズ”という事もあり、一見すると高騰期待の高い案件のように見えるのですが、利益のほとんどが公費(公共事業)によるものとなっています。

また、このような障害者を対象とした支援事業を行っている会社はニッチかなと思うのですが、意外と他社もこのような障害者支援を行っていたりするので、その点の真新しさは感じられません。(ただ、競合他社は上場していない)

しかし、このような社会通念的に必要とされる事業を展開していることは良いことですので、そういう側面が株価にどのように反応してくるのかが見えにくいところでもあります。

VCがいなくて、大株主にはロックアップがかかっているので、初値高騰する可能性もあるかもしれません。

少なくとも、公開割れしてしまうようなことはすくない銘柄ですし、ブックビルディングは積極的にいっていいのではと思います。

まだ詳しい条件等が決まっておらず材料が少ないため、上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

また、ブックビルディングに当選しない場合でも、最終的に上場当日初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。

 

上場日 3月14日 更新情報

本日上場。

場前は1300円~1400円の攻防となりましたが、場が始まってから買いが集まり、

10時33分の現時点で

1450円 買い1550000 売り900000 となっております。

 

簡単には寄りそうにない環境。

 

ここまでの今年のIPOは、高寄りしても安寄りしても売られる傾向。

勿論、IPOとして注目されている銘柄は高く初値をつけますが、その後売られる傾向にあり、上昇することがほぼ皆無となっています。

 

LITALICOに関しては、公費系の銘柄であり、児童関連、ということで中堅銘柄ながら注目されているところではありますが、1000円の公募株価からすると、1500円以上となると高いイメージがあります。

 

リスクを負って買うならば有り、だと思いますがここ最近の新規IPO状況を見れば、高寄りした初値後は一瞬高くはなっても売られる傾向にあり、また今週はIPOラッシュということからも、初値後連続して上昇していく・・・という方向性で見るのは難しいのではないか?とみております。

 

日経平均が強く、不動産や材料株等、いいセクターが多いだけに、あえてIPOというリスクが高いところを取らずとも、銘柄の選択肢は多い。

無理にリスクの高いIPOで勝負せずとも、利益は出しやすい環境です。無理せず、いい銘柄の安いところや、上値追い銘柄を仕込んでいくほうがいいかもしれません。

 

下のリンクにフィデリア株式投資顧問の最近の成果を掲載しておりますので、

興味がある方は、どうぞご覧くださいませ。

 

状況が変わる可能性もありますので、今後も監視してまいります。

 

1880円で初値、その後ストップ高

強い。

政府、公費関連で、児童ですから注目されているようです。

1800円の株価となったので初値でINするのは、非常に難しい判断であります。参加するには、ギャンブルであることを理解したうえでやりましょう、ということでフィデリア株式投資顧問の会員様にはお伝えしたところです。

しかし、注目株でありましたので、もっと強気で推奨してもよかったのか・・・と少し後悔してもおります。

 

ちなみに、Yahooの配信の方では、一週間、月間、で買いとしております。

 

しかし、今年一発目の良好IPOとなるかもしれないですね。

更に上昇、となっています。

そして先ほどストップ高。

 

このまま寄るのであれば、半分程度は利確推奨ですが、残り持っていても面白いかもしれないですね。

 

はてな等、上場2日目にストップ高、週が明けてみると陰転、という銘柄もありますので注意ですが、この銘柄は中規模ですし、売りの多さも買いで吸収できるかもしれません。

 

ここからも、注目してみていきましょう。

 

2日目の状況

本日、IPOが3銘柄出ていますがまちまち。

どちらかというと弱い。

 

その分の資金はlitalicoに来ているようにも思えます。

 

現在2350円を超えている。

 

朝一は弱く、下げて始まり、一時前日の安値を更新する動きになり、結局この優良銘柄もダメであるのかと思っていましたが、その後盛り返した。

非常に強い展開ですのでここからも期待できそうですね。

継続注目。

 

その後、ストップ高有り、現在2700円越えの展開。

今年一発目の優良IPOかもしれません。

 

今年のIPOは下げ基調ですが、いいものはいい、ということで、次の優良IPO銘柄も探していきたいと思います。