最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

IPO情報

3/2上場のIPO銘柄を紹介します。

銘柄情報

◆会社名:バリューゴルフ(3931)
◆事業内容:ゴルフ事業(『1人予約ランド』の運営等のASPサービス、
ゴルフ情報誌「月刊バリューゴルフ」の発行等の広告・プロモーションサービス、サポートサービス)、広告メディア制作事業、
メディカル事業
◆関連セクター:情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・リクルート (6098:東証1部) 予想32.04
・楽天(4755:東証1部)予想27.93

◆公開価格 想定発行1240円 時価総額はOA含め、4.6億円程度 
◆仮条件 1220円 ~ 1,280円
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し
◆大株主 (株)ゼネラルアサヒ、(株)MMパートナーの他は、ほぼ会社関係者。
◆ロックアップ 90日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:84.4倍
◆ブックビルディング妙味: A
◆当サイト初値予想:2200円 ~ 2700円(2月14日時点)

 

◆IPOスケジュール
抽選申込期間 2月15日(月)~2月19日(金)
当選発表日 2月22日(月)
購入申込期間 2月24日(水)~2月29日(月)
上場日 3月2日(水)

 

所見

この会社は主に、「ゴルフ事業」、「広告メディア制作事業」、「メディカル事業」の3つの事業を手掛けております。

「ゴルフ事業」では、『1人予約ランド』という、ネットからゴルフ場の予約が出来るサイトを運営しています。
ゴルフは基本、4人1組または、2人1組でないと利用できないものですが、このサイトでは1人でも予約が出来るというものです。
“ゴルフをやりたいが相手がいない”とか、“全国の色々なゴルフ場を気軽に楽しみたい”などのニーズに応えている、ユニークなサービスをユーザーに提供しています。
具体的には、この『1人予約ランド』で会員登録を行い、自分の希望に合った条件を予約枠に申し込んで、他の登録会員とのマッチングを行い、それが成立するとプレー催行できるという仕組みとなっています。

 

初対面でゴルフをすることになる為、会員情報でプロフィールを記述し、公開することで、相手の雰囲気を事前に感じ取ることが出来るようになっています。
さながらSNSのような、知らない人同士が繋がる仕組みをこのサイトで実現しております。
この『1人予約ランド』の登録会員数は、年々増加傾向にあり、最新の情報では22万人を超えています。
また、ゴルフ専門の各種メディアを発行・配信して広告料を得ている他に、格安プレー券・レッスン・イベントなどゴルフ場の集客を支援する各種プロモーションも企画・提案しています。

 

「広告メディア制作事業」は、主にブライダル関連の広告制作業務を受託しています。
取材に始まり、進行・原稿制作・校正・バナー制作・画像加工までの制作ラインを一括して担当し、委託者から原稿制作委託の手数料を収益の基盤としています。

 

「メディカル事業」は、信頼性の高い医療情報や、より良い病院を探したいというシニア層のニーズと、最新の医療情報を発信し、地域医療に貢献したい医療機関を結びつける医療専門の書籍出版事業を展開しています。
この事業では、子会社の“バリューメディカル”が医療機関の診療内容・特色・実績などを書籍として発行しています。
特徴的なのは、発行部数の大半は、出版取次を介すことなく医療機関自らが、この会社から買い取って、配布・分売していることです。

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見ていきます。
売上高は、綺麗な右肩上がりで売り上げを伸ばしてきています。平成26年期からは子会社連結化していますが、連結ベースでも良好です。

経常利益・純利益においては、多少上下にブレはあるものの、ここ最近は前年度より利益を出しているので、概ね右肩上がりの上昇と言って良いかと思います。
財務においては、自己資本比率が業種「情報・通信業」としては、少し低めの23.4%となっていますが、フリーキャッシュフローはしっかりプラスを維持しておりますので、問題ないでしょう。

 

投資妙味・見解

最初に社名を見た段階では、ゴルフ場やゴルフ用具関連を取り扱う会社かと思いがちですが、ネットを介して、1人でもゴルフができるというニッチな分野に目を向けている、非常にユニークなサービスを提供していている会社ではないかと思います。
また、広告プロモーションのノウハウを生かして、医療関連の書籍を取り扱うなど、「ゴルフ関連事業」だけでなく、幅広い事業展開を図っていることも評価できます。

 

そして、「マザーズ」、「IT関連」、「小型案件」の3拍子が揃っていて、且つ、ベンチャーキャピタルもいない為、IPOとして、需給面はかなり良好な環境であると言えますので、初値高騰期待の大きい案件です。

よって、ブックビルディングは大いに利用価値があり、当選しなくても、初値に関しても狙う価値がある銘柄と言えそうです。

まだ詳しい条件等が決まっておらず材料が少ないため、上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

 

最終的に初値でINするかどうか等、詳しい見解は、上場日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。

 

3月2日 更新

寄り前、3000円を超えた。

1日目寄らない可能性あり。

状況としては、少しでも有望なIPOならイケイケな状態ですが、去年の11月12月のIPOもそうでしたが、初値が高いものが増えると上値が重たく下げる傾向になる銘柄が多くなります。

VC銘柄が特に堅調でありますが、それ以外も売り目線になります。

というわけで、はてな、に関しても厳しいものがありましたが、バリューゴルフ(3931)も、初値投資は慎重にいくことが望まれます。

 

3月3日更新

初値:3215円

高く寄り過ぎな感。

はてな(3930)もそうですが、公開価格の2.5倍~というような高値で初値を付けた場合、一旦は押す場合が多い。

この傾向は去年の年末から不変。

基本は初値投資はスルーの方が無難でしょう。