最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

ipo

12/3上場のIPO銘柄、インベスターズクラウド(1435)を紹介します。

インベスターズクラウド(1435)の銘柄情報

◆会社名:インベスターズクラウド(1435)
◆事業内容:土地情報の提供、デザインアパートの企画・施工・賃貸管理
◆関連セクター:建設業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・アールエイジ(3248:マザーズ) 予想8.50倍
・ラ・アトレ(8885:ジャスダック)予想5.90倍

◆公開価格 想定発行価格1670円 時価総額は、OA含め、20.9億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し VCがいない為、売り圧力弱め
◆大株主 ほぼ会社関係者で占める
◆ロックアップ 180日
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:約22.5倍 割安感は無し

 

所見

この会社は、ネットを主に利用した、新しいタイプの不動産サービスを目指しており、自社開発したアパート経営プラットフォーム「TATERU」の運営を通じ、土地情報の提供や、昨今話題にもなっている“デザインアパート”の企画・施工・賃貸管理までを一貫した、ワンストップサービス事業を行っています。

 

竣工累計棟数は、5年連続で二桁の増加率で、平成27年9月末時点で、1000件を突破するまでに急成長をしてきております。

 

このアパートプラットフォーム「TATERU」の特徴は、“アドテクノロジー”(インターネット広告関連技術)を使って集客したユーザーに対し、この「TATERU」を使う事によって、不動産仲介業者を通すことなく、土地の保有者から直接購入できるというメリットがあります。これによって、ユーザーは高い仲介手数料を払う必要がないので、安価で土地を取得できる仕組みとなっています。

 

更に、この会社自体も土地を在庫として抱える必要がないため、在庫が積みあがるというリスクもありません。(一部保有物件はあるようですが)こういった面でも、非常に合理的にできている仕組みだと思います。

 

またユーザー自身も、この「TAERU」に参加することにより、アパート経営にかかるノウハウや土地情報を入手することが出来ます。その他、【チャットで取引の相談を、よりスピーディにできる/建築実例を閲覧できる/セミナー情報を入手できる】という機能があることも大きな利点となっています。

 

また、“賃貸管理事業”や“デザインアパートの企画(社内にデザイナー在中)・施工”なども手掛けており、これらも入居率が高い結果に繋がっていて好調です。

 

何よりも、これらの事業活動をネット上で最初から最後まで一括で完結できるという事に、今までにない斬新さを感じます。

 

業績

次に、業績面を見ていきたいと思います。

 

ここ5年間程、遡ってみると、順調に売上・利益共に伸ばしてきています。(売上高がここ最近鈍いのは若干、気にはなりますが)
また、自己資本比率においては、目論見書上では「51.1%」となっており、上記に記載している“関連・比較・類似銘柄”のアールエイジは「28.7%」、ラ・アトレは「24.8%」なので、同業他社と比較しても、高い自己資本比率ですので、安定しているかと思います。

IPOとしては業種が建設業で、中型サイズという事もあるのですが、最近のIPOは概ね好調であること、更にオリンピック関連という見方もできる為、上場後の上値追いは出来るのではないでしょうか。

 

規模的にやや重めの案件となっていますが、現在のIPOの盛り上がりが続けば、問題なく株価上昇は固く、大株主のロックアップもしっかりかかっている為、売り圧力もそれほどないかと思います。

 

投資妙味・見解

まず、建設業という意味では目新しさはないのですが、ある意味ネット関連であり、上場もマザーズ市場、と人気化する可能性は十分に秘めております。

いい点としては、マザーズ市場、営業方法としてのニッチさ、VC無し

懸念点としては、市場規模の大きさで、時価総額が100億を超える。

 

株式市場において、時価総額が大きいと、いわゆる3倍、5倍というような爆発銘柄にはなりにくいという状況があります。

今後のIPOの局面、特に11月19日以降のIPOの局面によっても変わって来ると思います。

 

仮条件としては、1500円~2000円。

初値としては、2000円~3000円と、予想します。

 

ブックビルディングとしては、積極的に当選を狙いにいっていい銘柄と考えております。

 

上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

最終的に初値でINするかどうか等、詳しい見解は、11月27日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。