最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい


Warning: opendir(rsscache/): failed to open dir: No such file or directory in /home/swingtrade/www/swing-trade/wp-content/themes/keni70_wp_standard_black/get-rss/success/Cache/Lite.php on line 632

無料メルマガ

ipo

 

http://swing-trade.jp/ipo/2905/

こちらの記事で第一弾を紹介しておりますが、ベルシステム24ホールディングス(6183)のIPOにはなぜか反響が多いようですので、追記をしてみたいと思います。

 

ベルシステム24ホールディングス(6183)の上場について

この銘柄は、郵政IPOに次ぐ大型上場といってもいいかもしれません。

特徴的なのは、VC銘柄であること。

親会社のベインキャピタルがほぼ半分の株式を持っています。

ここが売ってくるかどうかが、中期的な視野になりそうです。

 

ただ、このVCが売ってくるかどうかも重要ではありますが、最も重要なのは最近のIPOのトレンドです。

要は、限られている資金枠のIPO銘柄の中、どこに資金が向くか・・・というものです。

 

良く紹介している、資金がどこに向くかを考えることが重要、というアレです。

 

最近のIPOで上昇する銘柄のトレンド

簡単にいきますと、

・低PBR、低PER銘柄

・マザーズ案件(特にゲーム、ネット、セキュリティ関連)

この2本は鉄板です。

 

逆にいえばこれらに該当しない場合は中途半端になったり、徐々に下落する動きを取る銘柄が多いということになります。

ベルシステム24は、コールセンターを中心にした成熟産業ですから、人気化するかというと、微妙なところ。

上場も東証マザーズ以外で新興ではないため、人気化は薄いでしょう。

 

PERは24.26倍

PBRは3.55倍

1500円~2000円ぐらいで初値つけると予想していますが、配当¥18予定。

 

最近のIPOは割安感が結構あるのですが、どうにも割安感もありません。

 

 

更に・・・証券会社の動向

証券会社の、ベルシステム24ホールディングスの売り込み、セールスが結構あるようです。

ということは、余っている可能性が高いということ。

余っているということは、初値は高くなりづらいといえます。

 

総括

最近のIPOは、(IPOとしての)優良銘柄はなかなか当選しません。

それだけに、この当選しやすいベルシステム24ホールディングスが注目されているようなのですが、上記に上げたことを考えていくと、公開割れという可能性も見え隠れします。

今回再注目、最大の郵政IPOが成功していますし、少ない単元入れていくのはアリだとは思いますが、初値が高くなりづらく、余っていること、そして公開割れの可能性を考えると、ブックビルディング方式での購入は、基本的にスルーと判断しております。