最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

 

ipo

11/27上場のIPO銘柄 ネオジャパン(3921)を紹介します。

 

銘柄情報 ネオジャパン(3921)

◆会社名:ネオジャパン(3921)

◆事業内容:ウェブ技術をベースとしたグループウェア(「desknet’s NEO」)とその関連製品・サービスの開発、販売等  

◆関連セクター:情報・通信業

◆関連・比較・類似銘柄とPER:

 

・サイボウズ(4776:東証1部) 予想-

・NTTイントラマート(3850:マザーズ)予想37.57倍

 ◆公開価格 想定発行価格2710円 時価総額は、OA含め、6.8億円程度 

◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し 需給面は良い

◆大株主 プロシードゥス、ビットアイルなどの企業の他は、会社関係者(ネオジャパン含め)など

◆ロックアップ 180日

◆上場市場:東証マザーズ

◆PER:約18.1倍

 

 

 

所見

この会社の主な事業内容は、「desknet’s NEO」と呼ばれるソフトウェアの開発と販売をメインに行っている会社です。現在この製品は、320万人以上の会員を擁しています。

 

「desknet’s NEO」とは、主に企業が導入している情報共有システムのことで、企業向けのグループウェア(メール機能やスケジュール管理、掲示板などの多種多様な機能を備え、社内の情報を共有化し、業務の効率を高め、社員間のコミュニケーションを円滑にするソフトウェア)として、日経コンピュータ誌の「顧客満足度調査」、「パートナー満足度調査」において、2015年のグループ部門第1位になるなど、ユーザーから信頼の厚いグループウェアとなっております。

 

 

業績

次に業績面を見ていきます。

 

2015年1月の売上高は前年度比11.1%増の17億2480万円、営業利益は前年度比23.3%増の2億5100万円、純利益は33.2%増の1億7252万円と、ここ最近は順調に利益を積み上げてきています。(2011年から2012年は、売上・利益面において、大きく落ち込みがあったものの、その後は右肩上がり)

 

また自己資本比率は、この会社は70%を超えているため、財務面での不安感は全く問題ないと思います。

 

 

売上に占める比率として、プロダクト(製品)で約51%、約46%がクラウドサービスとなっていて、概ね半々となっています。昨今のクラウドサービス需要の増加に伴い、今後は比率が逆転していく可能性もありますが、今のところプロダクト(製品)が、官公庁・自治体向けなどの公的機関での販売が増加している状況です。

 

更に、“マイナンバー制度”の導入に伴い、今後の公的機関におけるIT化は避けられない為、このような事業展開をするネオジャパンとっては、その拡大需要が大きく見込めるのではないかと思います。

 

今回の上場で、この企業は、『マザーズ市場/小型案件/IT企業』の3拍子が揃っており、初値高騰は、かなりの可能性で高いのではないかと思います。

また、“マイナンバー”というテーマ性と、公的機関が主な販売先であり、事業の将来性・財務の安定面から見て、それらについても株価に大きな追い風となり得る期待が持てると考えられます。

 

投資妙味・見解

 まず、IPOとしての当選確率は

・小型

・マザーズ市場上場

という観点から、人気は殺到すると思われるため、低いでしょう。

初値は高くなる可能性が高いため、とりあえず当選するかどうかはともかく、狙いには行って良いと思われます。

 

IPOとして、

良い点:マザーズ、ネット系、小型、VC無しと人気化の条件はそろっている

懸念点:売り出しが多い。会社の歴が長く、会社としては成熟している点が、IPOとしては逆に人気化を妨げる可能性。

 

この会社で行っている事業のdesknetは、かなり広まっているシステムですから、会社名を知らなくてもシステムは知っている方は多いと思います。

安定企業という意味で、それがIPOとしてどちらに向くか?が焦点。

 

安く初値つけるようであれば、かなりの確率で上昇していくと思われますので、安く寄るのであれば積極的に行きたいところ。

初値予想 ¥4000~6000円と通常予想するところですが、このところのIPOの強さから考えると、6000円~8000円あたりの可能性もある。そうなってくると積極的に初値をやるかどうか、というのはザラバや相場を見ながら実際に考えていくことになりそうです。

万が一、4000円以下で寄るようなことがあれば積極的に買ってみたい数字だと思います。

 

上場日に近づきましたら、またもう少し詳しく精査した内容をお届けしようと思います。

最終的に初値でINするかどうか等、詳しい見解は、11月27日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。