最近の推奨実績

このブログは、IPO銘柄に強いフィデリア株式投資顧問が運営しています。
推奨したIPO銘柄が大幅上昇中です。
IPO銘柄の良さの1つはボラティリティの大きさですが、なかなか上手く波に乗れない投資家の方は、弊社のサービスをお試し下さい

無料メルマガ

ipo

10/28上場のIPO銘柄を紹介します。

 

バルニバービ(3418)の銘柄情報

◆会社名:バルニバービ(3418)
◆事業内容:レストラン事業が主軸。その他、スイーツ事業・アスリート食堂事業など
◆関連セクター:外食業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・ゼットン(3057:名証2部) 予想-
・グローバルダイニング(7625:東証2部)予想100.3倍
・ダイヤモンドダイニング(3073:東証1部)予想16.56倍
・アスラポート(3069:JQ) 予想26倍
・ホットランド(3196:東証1部)予想29.5倍

 

◆公開価格 2500円 時価総額は、14億円程度 
◆想定価格 2350円
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し 需給面への不安はあまりない
◆大株主 ほぼ、会社関係者など
◆ロックアップ 180日
◆上場市場:マザーズ市場
◆PER:15.6倍
◆初値株価予想:2500円~3500円
◆評価:B(A~C段階)

 

所見

この会社の事業内容は、レストランの経営・運営企画や、遊休施設の再開発及び、商業施設全般の企画開発をおこなっています。

 

主力のレストラン事業では、内装にこだわった本格派イタリアンの「GARB」、鉄板焼きバーの「サヴァ?」、鹿児島料理の「本家かのや」などを展開しております。また、付加価値の高い海外ブランドとも提携を行っております。

 

これらのレストラン事業で培った商品開発力を活用し、スイーツ事業や大学との連携によるアスリート向け食堂事業も展開しています。このアスリート食堂事業は、スポーツ栄養学に基づいたメニュー構成が特徴です。最近タニタ食堂が流行っていますが、このような健康志向のターゲット展開を行っていることも非常にユニークだと思います。

 

外食産業ではありがちな、既定業態での多店舗展開ではなく、出店する土地や場所に見合うように1店舗ずつしっかりと考え作り込んで出店する為、いわゆるブームのような流れに乗った形ではなく、幅広い利用用途を提供しているところがこの会社の一番の特徴です。

業務マニュアルに関しても、店舗ごとに状況に合わせた、きめ細かいメニューやサービスを工夫して運営を行っています。
出店する場所についても、接道している道に人通りが少ないテナント出店を行っており、いわゆる『隠れ家』的な要素も兼ね備えていると思います。

 

ホームページを見て頂くと分かるかと思いますが、お店ごとに個性があって本当におしゃれなお店ばかりです。

参考:バルニバービ公式HP

 

業績

業績面を見ていきます。
2016年7月期の連結経常利益は前期比15.9%増の5億5700万円を計画しており、年間の出店ペースは、10~15店舗を予定しています。

経常利益については、2015年7月期(実績値)は前期比90.9%増と大幅増益を確保しております。売上高推移も順調です。
尚、2015年7月期第3四半期時点の売上の構成比率は、レストラン事業が89.6%、スイーツ事業が7.0%、アスリート食堂事業が2.8%、その他0.6%となっています。

今後、レストラン事業以外の分野でもどこまで強化していけるのかが見ものです。

新規店舗展開においても、これまでの実績から、より良い条件での出店が可能となっており、オリジナリティに優れ、ROEが高いので収益力のある会社だと思います。

外食セクターにおいての新規上場案件は、特段人気ではないのですが、大株主のロックアップがかかっている為、需給的に優れた案件ではないかと思われます。日本郵政グループの直前銘柄ですが、初値高騰の期待ができるのではないでしょうか。

 

投資妙味・見解

◆良い点:VC無し。個性的なお店が多く、飽きられにくさ有り。業績順調。

◆悪い点:飲食業という店で、IPO人気度は低い。人気度の割に、配当無しのため、長期の買い妙味も低め(長期、配当目当てならば郵政関連に買いが集まる可能性が高い)公開価格より高く寄り付くことを考えるとPERは割安ではない。

 

良くも悪くも、飲食関連IPOです。

マザーズ銘柄ではあるものの、規模は中堅規模であり、大きめのIPO。初値はある程度高くなりそうですが、そこからさらに上へ、という展開になるかというと疑問符。

いわゆる、人気が出て、更に大幅に上昇していくというのは、人気系のネット関連企業のIPOに多いため、大きく上昇する可能性が低くなるのは否めません。

 

しかしながら、銘柄やセクターとしてはこなれている建設業であるベステラが大幅に上昇する等、割安株価で寄り付いた場合等には積極的に買いに行ってもいいとも考えられます。

 

この銘柄の場合、投資妙味があるかどうかは、要は周りのIPOの状況と、初値株価と考えられます。

 

最終的に初値でINするかどうかは、28日のザラバ中にフィデリア株式投資顧問の会員様ページ内でご紹介いたしますので、興味がありましたらご覧くださいませ。